ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

行事

追儺式で鬼は内 福は外! お福ちゃんを救出せよ!お豆大作戦

投稿日:

追儺式
節分に鬼と豆。

季節の節目になぜ鬼と豆が?

鬼やらいの儀式にそのヒントがありました。

「鬼は内」と反対の掛け声をする大原神社では、現在も追儺の式が行われます。

鬼と煎り豆の民話を紹介しつつ、節分のルーツのお話です。

スポンサーリンク

鬼ごっこと節分のルーツ?追儺とは

追儺は、「ついな」と読みます
鬼やらい(鬼遣らい、鬼儺)」とも呼び、平安の頃から行われている鬼払いの儀式です。
鬼を退治・追放しようとする行事や祭事は、「鬼ごっこ」のルーツとされ、現在行われている豆まきの節分もその遺風(なごり)だとされます。

鬼やらいは、元々節分の夜にする行事で、大晦日に悪鬼や疫病を退散願う儀式でした。

中国は唐代の儀式を文武天皇の頃に輸入して伝わった宮中行事で、黄金の目玉が4つある面をし、クマの皮を被り、黒衣に朱裳の袍(ほう)を身に着け、鬼を追い払う役の方相氏(ほうそうし)が、右に矛、左に盾を持ちたたき、脇に仕える侲子(しんし)が掛け声をしてまわりました。
また、桃の弓、葦の矢、桃の杖でもって群臣が方相氏を援護し追いはやしました。
後に、その方相氏役も鬼として追われる側になります。

宮中行事は、江戸の頃には廃れましたが寺社仏閣を主に民間行事として今も全国各地に伝わります。

新年の追儺を行う人を、一族や一家を代表者として定め「年男(としおとこ)」と呼び、豆まきなどの行事を執り行いました。
現在では、干支年の有名人や力士さんを年男として神社仏閣で豆まきする様子がテレビなどで見ますね。

福は外!鬼は内!

追儺式が現在も伝承される、京都・福知山の大原神社では、豆まきの掛け声が他とは違います。
鬼は内、福は外

綾部藩へ移封してきた当主の九鬼氏に配慮したなごりで、正反対の鬼は内になったのでは?といわれています。
当の九鬼氏では、「鬼は内、福は内、富は内」と声掛けしたとか。

大原神社は、「天一位」とする珍しい位の社号をもつ由緒ある神社です。
「安産の神様」として古くから慕われ信仰を集めています。
その大原神社で、2月3日の夜に、節分追儺式が行われています。
地元の有志の方々が集い「大原話し合いの会」として節分の際、赤鬼や青鬼姿に扮して盛り上げておられます。
節分祭には、甘酒が振る舞われます。古来、甘酒祭と呼ばれるくらい有名だったとか。

節分の豆撒き発祥とされる、貴船神社と大原神社の追儺式がメディアで取り上げられると、春はもうすぐと季節を感じます。

スポンサーリンク

鬼からのお福ちゃん救出お豆作戦

鬼と煎り豆という民話があります。

昔々、あるところにお百姓さんがおりました。
ある年の、ひでり続きのひどい頃、困り果てたお百姓さんが「誰でもいいから、雨を降らしてこの
日照りから救ってくれれば、一人娘のお福を嫁にやるがなぁ」とつぶやきました。
すると鬼が現れて、「お前が今言ったことは本当か?」と聞く。
お百姓さんは、「もし村中の田んぼが豊作になるよう雨を降らしてくれるなら」と約束しました。

鬼は、雨を降らせ秋には、田んぼの稲が豊かに稔りました。
鬼は「約束どおり、お福を嫁にくれ」と言い、お福は鬼の嫁になることに。

お福が嫁に行く日、お福を見送る母親はお福に菜の花の種を持たせました。
鬼の住み家へ行く途中、「道に種をまくのだよ」と言いつけられた通り種をまきつつ、お福は山深い鬼の住み家へ嫁いで行きました。
冬になり雪積もり、その雪が溶けて春が来てお福が外へ出てみると、種をまいた菜の花が列をなして美しく咲いています。お福は母親の元へ、一目散に逃げ出すことに成功し家に帰ることが出来ました。

後から鬼が追いかけてきて、「お福を返せ!」と叫びます。
お福の母親は、煎った豆を戸の隙間から投げて、この豆から花を咲かせて持ってくれば、お福をお前に返そうと言いました。
鬼は豆を育てようと、来る日も来る日も、その年もまたその翌年も豆を植えるが花が咲かない。そのうち鬼は来なくなったとさ。

よく絵本では、母親が雨を降らしてと鬼と約束したことになっていますが。
豆まきの始まりとされる、お話の紹介でした。

民間伝承と違い、神事としての豆まきは貴船神社が発祥です。
御伽草子の「貴船の物語」にてその風習が紹介されています。

現在も故事にならい、2月3日の節分祭が齋行され、一般に見学することができます。

鬼やらいのまとめ

中国由来の行事や日本の風習が交差、結合しながら各地各様に伝承される節分、追儺の行事。
中国の太陽暦が来る前の自然暦の考え方や習いと混ざり合って、今の節分になりました。

鬼は、退治する対象や民話に出てくるユーモラスな人格など多様なイメージがあります。
元々は、鬼神様と親しみを持って呼ばれ崇められる対象でもあります。
陀々堂の鬼はしり(だだどうのおにはしり)という追儺に似ているが、福をもたらす善い鬼として登場する行事も現存しています。

ごちゃまぜで、こんがらがっても続く鬼やらいと節分の紹介でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-行事
-, ,

関連記事

お札

神棚の新しいお札はいつ交換?新年か年末か?毎年するのかしないのか?

神棚に祀ってある「御神札(お札)」 新しいお札を初詣にもらって帰り、 古いお札と交換する。 この行動は間違っている!? いつ交換するのが適切なのか。 新年か年末なのか。 そもそも、毎年交換するものなの …

薬師寺

1月8日の初薬師は薬師如来に無病息災をお願いするべし

仏様は本来、願いを叶えてくれる対象ではありません。 ○○が欲しいです。 〇〇になりますようにと、願掛けしても「はぁ~っ?」です。 仏様は、そなたの願いや悩みを捨てれば全て解決すると説いておられます。 …

お供え

お彼岸にお供えをするのしとお菓子の甘くないルールとは?

お店で「のし紙」が欲しいと言って慶事(お祝い)用を渡されたら大変。 こちらでお彼岸用の「掛け紙」はどういったものか知っておきたいですよね。 デパートなら大丈夫だろうけど・・・ コンビニやスーパーなので …

フリースタイルスキーとは?競技種目と平昌の開催日程について

フリースタイルスキーとは? 平昌オリンピックの正式種目として採用されました。 FreeスタイルやFree rideスタイルともちょっと違って、 ちょっと被るエクストリームスポーツみたいな競技。 そのフ …

桜の花びら

写真とイラストでわかる “桜の花びら 形と枚数”の見分け方

桜の花びらについてのトリビア。 桜の花弁は何枚か? 八重桜は8枚ではない? 梅と桃との具体的な違い。 あれっ!?桜のそっくりさん? などなど、トリビアも。 絵や写真付きで紹介します。 桜の季節。 桜の …


  1. […] 。→追儺式で鬼は内 福は外! お福ちゃんを救出せよ!お豆大作戦 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です