ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

音楽

SoundCloudはやっぱりなくなるかもしれない

投稿日:2017年9月12日 更新日:

soundcloud

SoundCloudがなくなってしまうかもしれない。あぁ、またか。
そう、思われた方も多いと思う。
危機だと言われても、乗り切り存続しているではないかと。
7月に従業員を前にして前CEOさんも言っておられた。
私らは唯一無二だ~みたいなことを。詳しくは、こちら

確かにアーティストとリスナーが共有空間で集う場、高い利便性と機能性を備えた素晴らしいサービスとプラットフォームが今なお、厳然と存在してくれてます。
資金難の報道が出ては、救済されてきたのだけれど・・・。
どうやらユーザー数が減っているらしい。これでは、お金が回らなくなっていく。
いよいよ危機的な状況だと思うのです。

スポンサーリンク

1億超えというユーザー数を誇っていたけど、このSimilar Webというサイトさん調べによると、そのユーザーが激減しているらしい。
どのくらい減っているのか?総アクセス数が2016年初頭の4億アクセスから2017年5月時点で、3億アクセスを下回ったとのこと。
対するSpotifyは、副社長のBrian Benddik氏が「Spotify for Brands」で総アクティブ・ユーザー数が1億4000万人を越えたよ(*ノω・*)テヘと、発表。

Today we’re happy to announce 140 million users on Spotify! To put it another way, that’s one million for every single character in this twe

— Spotify (@Spotify) June 15, 2017

有料会員も6000万人越えと、Apple Musicの2倍強の数字に急成長。
ライバルとされるSpotifyは好調で安定した広告収入があるとのこと。

Googleトレンドを見ていたら、確かに検索件数も下降線を辿っている。

2014年12月に検索件数がデッドクロスしてから、Spotifyの後塵を拝する。
そのSpotifyさんからの買収提案は2016年暮れに破談。
2017年に入り、3月と8月に融資を受け危機は脱したと思っていたのに・・・。

SoundCloudは7月、従業員173人のレイオフをアナウンス。
これは全体の40%にあたるらしい。

新しいCEOは元VimeoのCEOだったKerry Trainor氏。
海外のサイトを眺めていたら新しいCEOに変わっても再建は難しいのではないか?と、いったものが大勢でした。

長年、利用してきた者にとって愛着があるSoundCloud。
「MySpace」という音楽ポータルサイトからSoundCloudへ気軽に乗り移ってきたことと同じことが出来るのか?
乗り気ではないのですが、代替サイトを探してみました。

自作データを気軽にアップロードできること。その制限はどれくらい?
SNSやブログ等で公開・共有する機能。その機能の操作性と凡庸性は?
SoundCloudから移行できるの?
フォーマットは?
有料バージョンはおいくら万円?
以上のことを気にしながら探したのですが・・・

 

満足できる代替案はない。

どのサイトも一長一短でした。
SoundCloudから移行できる機能を最重視すると、hearthis.atFanburstに絞られます。
両者ともアップロードと再生の縛りが、SoundCloudよりも優れていてお得。
hearthis.atは1週間に1GB、Fanburstは1曲1GB(えっ!無制限!?)のアップロードが可能。
hearthis.atは、SoundCloudに機能も操作性も似ていてプレミア料金も年間3,000円前後で安い。
ポッドキャストに対応し、SoundCloudのプレイリストも移行できる。
Fanburstはサクサク動くシンプルな無料サイト。twitterとinstagramが連携あり。

こう書くと、なかなか魅力的なのです。
サービスもプラットフォームの質も悪くないのです。
欠点はユーザーが少ないので、おのずとお気に入りの曲も少なくなるし、公開しても接触機会が少なくなるということ。

結局、SoundCloudしか選択肢は今のところないと思う理由。

それは、多くの人が集まる場所だからです。
YouTubeやSpotifyのただの人数の多さではなく、音楽好きのエンスージアストがいるからこその魅力がSoundCloudにはあります。
やはり、趣味度の高いユーザー数が音楽とリスナーの質を高めているんだと思います。

ユーザー数が激減してるとはいえ、今までなされたアップロードのボリュームも蓄積も唯一です。
ストリーミングサイトとしての比較では、ユーザー数が減っています。
しかし、SNSの投稿や共有サイトとしてカウントすると圧倒的なユーザー数です。

長々と書いてしまいました。
代替案を示して移行方法だとかを書こうとしたのですが・・・様子見することにしました。

私の結論は、「やっぱりSoundCloudに踏ん張って欲しい!」です。

スポンサーリンク

-音楽
-

関連記事

北欧ノルウェーの定番・人気クリスマス・ソング10選

ノルウェーになんの恨みもないけれど・・・。 話しかけて無視されたノルウェー人のことは20年近く経っても鮮明に覚えてます。 ムスッとして、デカくて・・・いいイメージがないぞ。 無視された思い出と村上春樹 …

おすすめ!こどものためのクリスマスソングを定番から英語版まで紹介♪

こどもにとってクリスマスはわくわくの一大イベント。 一緒に歌ったり聴くクリスマスソングは、一生の思い出に。 プレゼントのことは忘れても歌はずっと覚えてますよね。 そんな宝物を子供たちと共有するためおす …

ジャズの日

1月22日JAZZの日の由来は?知ると変な気分になれます!

1月22日は、JAZZの日です。 おっ!何かイベントがあるの? えっ!?なぜに、1月22日がジャズの日? そう思い調べてみると・・・。 「わかった!」という快感と中途半端な気持ちを味わえます。 是非、 …

クリスマスアルバムからおすすめの名盤をオムニバスからジャズまで紹介

クリスマス・アルバムをお探しの全ての方へ。 おすすめの1枚をオムニバスとジャズに絞って紹介します。 知っている方からすると、何を今さらなのですが・・・。 意外と知らない人が多いみたい。 かえって50代 …

ヘッドフォン

ヘッドフォン(子供用)の選び方と注意点~おすすめを紹介します

まだまだ、種類がすくない子供用のヘッドフォン。 2015年にバディフォンという素晴らしい商品が発売されました。 (2018年6月より新しくブルートゥースモデルが2種類「WAVE」、「PLAY」が追加さ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です