ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

生活 行事

2017年ボジョレーヌーボー解禁日に嘲笑やまずいからの解放を

投稿日:2017年10月23日 更新日:


今年もボジョレーヌーボーの話題を聞く季節がやってきた。
街を歩きお店に入れば、その名前はなんとなく目に入ってくる。

いつもの代わり映えしない煽り文句2017版がコピペに加わる。
普段、ワインを飲む人からも飲まない人からも悪態が聞こえてきそうだ。

もう、輸入量も消費量も下火になってきた。
ヌーヴォーさん、もう頑張らなくていいんだよと。

解禁日に向けて思ったことを書いてみた。

スポンサーリンク

2017年のボジョレーヌーボー解禁日に思うこと

ボジョレーヌーボー
その興りは、商魂たくましい1人の男によってもたらされたと言っていい。
ジョルジュ・デュブッフ氏
醸造家であり戦略家だ。
ボルドー地方の安ワインを一躍、世界的なブランドにした人である。
彼にはいま、「ボジョレーの帝王」という呼び名まであるくらい。

100年以上前には、がぶ飲みする安酒として人気があったボジョレーヌーボー。
販売者と酒飲みの欲求の高まりを抑えるため、わざわざ解禁日を設けて法律まで制定した。
その日が11月の第三木曜日となり現在に至る。
2017年度は11月16日にあたる

「ヌーボー」とは「新酒」の意味。
ワインはある程度、寝かせて熟成してから飲むものだが、ボジョレー・ヌーヴォーは収穫して数カ月後には世界の店頭に並ぶ。

ジョルジュ・デュブッフという人は、初物ですよ~とリヨンの3つ星レストランのメニューに組み込むことに成功。
高級化してラベルをおしゃれに替えて、生産者を巻き込みアメリカや日本に市場を作り上げたのだ。
日本で一番、よく見るあの花柄デザインのボジョレーヌーボーは彼が醸造元だ。
販売元のサントリーは、「ジョルジュ・デュブッフの物語」と特設サイトまで作っている。

彼がいてサントリーや電通を通して私たちは口にし、まずいと言う。
壮大な仕掛けと仕組みを作った人々を心から畏敬の念を持ちつつ私も思う。
ボジョレーヌーボーは「まずい」と。

ただ、この新酒ワインに関わる人々に罪はなく嘲笑しても意味がない。
嘲笑されているのは、今なお消費し続ける我々なのかもしれない。

ボジョレーヌーボーからヌーボーを取ればまずくなくなる

ボジョレーヌーボーからヌーボーを取ると新しい世界が見えてくる?
ヌーボーを取ったボジョレー産のワイン。
当然、存在します。
ブルゴーニュの南に位置し恵まれた気候と花崗岩質の土がある独特さは、「ガメ種」単品種から作られる赤ワインにマッチし、その種類も様々で豊富。
法律と規格(AOC)があり、
クリュ・ボジョレー(畑単位)
ボジョレー・ヴィラージュ(地区単位)
ボジョレー・シュペリュール(村単位)
ボジョレー(地方単位)
に分類される。
単位が小さくなるほど、希少性は高く上質。
10箇所の畑がクリュ・ボジョレーと名乗ることができ、その質はボジョレーヌーボーと比べることが出来ないくらい素晴らしい。
ちなみに、ボジョレーヌーボーは”ボジョレー”と”ボジョレー・ヴィラージュ”分類内のもの。
ワンランク上のヴィラージュ・ヌーボーを最近、見かけることが多くなった。

1つの品種と分類酒を「まずい」で終わるのはもったいない。
ヌーボー以外のボジョレー産のワインを探してみるのも一考だ。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーと漫画とジャン・クロード・ラパリュさん

累計1000万部を越えて読まれるワイン漫画「神の雫」がボジョレーヴィラージュヌーボーを2017年に出すとのこと。
人気漫画の発信力を借りて、需要を喚起しようとの試みだろう。

私にも漫画と関係した忘れられないボジョレー産ワインがある。
2度ほど、違う人と違う場所で開けたワイン。
そこで偶然、聞いたうんちくに漫画がでてくるのでよく覚えている。

Brouilly Cuvee des Fous(ブルイィ・キュヴェ・デ・フー)
年代は忘れたが一度はすごく美味しく感じ、もう一度はただ酸っぱいと感じた。
まあ、主な原因は一緒に飲んだ人の違いなんだけど。

生産者はジャン・クロード・ラパリュさん。
真摯に愚直なまでに自然派でボジョレーの土地と向き合って生み出された彼のワインは評価が高く、土地の若い生産者たちへの影響力も大きいと聞く。

そんな彼のワインが漫画「ソムリエール」で紹介されていた。
ブルゴーニュ型ではなくボルドー型の肩ボトルを使用したBrouilly Cuvee des Fous(ブルイィ・キュヴェ・デ・フー)は日本語で「愚か者たちのワイン」と言う。
他のボジョレーヌーボーを揶揄しているのか、はたまた売れないけど良い物を作るのだとする自負への皮肉か。
ホントの愚か者たちは、11月のこの時期にヌーボーを嘲笑しながら消費する私達日本人なのかもしれない。

スポンサーリンク

-生活, 行事
-,

関連記事

忌日

忌日とは?命日と年忌の違いともう1つの忌日(いみび)

忌日とは、読み方とその意味。 命日や年忌との違いを解説します。 お逮夜や四九日の法要、 百か日の仏事はどういったものか。 また、読みで違ってくる忌日(いみび)の意味も併せて記します。 スポンサーリンク

ボブスレーとはどんな競技?歴史とルール&世界と日本代表の話

平昌冬季オリンピックの正式種目、ボブスレー。 一見マイナースポーツだけど、 歴史は古くヨーロッパでの認知度は高いです。 そのボブスレーとはどんな競技か。 歴史やルールについて紹介します。 スポンサーリ …

花まつり

4月8日の花まつり~灌仏会の由来と甘茶(砂糖水!?)のお話

4月8日の「花まつり」について。 灌仏会とも龍華会とも呼ばれるこの日。 もっとメジャーになっても良いのでは? そう思い由来や甘茶のことを紹介します。 ご存知ですか? 砂糖の入ったお茶ではないんですよ。 …

おすすめ!こどものためのクリスマスソングを定番から英語版まで紹介♪

こどもにとってクリスマスはわくわくの一大イベント。 一緒に歌ったり聴くクリスマスソングは、一生の思い出に。 プレゼントのことは忘れても歌はずっと覚えてますよね。 そんな宝物を子供たちと共有するためおす …

知っとこ!お鍋の賢い選び方&洗い方としまい方のポイント

お鍋の季節ですね。 なぜお鍋で食べると美味しいのだろう? 丸っこくて陶器の質感が、なんとも安心感を与えてくれるますよね。 湯気が立って温かくて視覚的にも機能的にも優れもの。 食材が美味しく摂れるので栄 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です