ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

言葉

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

投稿日:

しゅうとく
次の例文で用いる語句は、
「習得・修得・取得」のいずれかである。
◯に入るそろぞれの語はなに?

運転技術を◯得して、
仮免試験の知識を◯得。
晴れて、運転免許を◯得できた。

答えは、まとめに記します。
読んでもらえば、すぐにわかるよ!

スポンサーリンク

パッとわかる!「習得・修得・取得・会得・体得」の意味

まずは、ザックリと意味と違いをみていきましょう。

」という漢字には、
わかる。理解する。さとる。といった意味があります。

それぞれ最初の字「習」「修」「取」「会」「体」、
これらに「得」をあわせて意味を知ることができます。

意味 何を得る?
習得 慣れて身につけ、理解する (技術・知識・能力)
修得 学んで身につけ、理解する (技術・知識・能力・学問・資格)
取得 自ら手に入れる、所有する (資格・モノ)
会得 要点を心で、理解する (情報・技術)
体得 本性を体で、理解する (情報・技術)

何を得る?「習得・修得・取得・会得・体得」の意味

品詞 意味
習得 名詞 技術、知識を習って身につける段階、過程、使えるようになること。
動詞 知識、能力を獲得する。
修得 動詞 熟練になる、熟練した状態。知識、能力を得る。
名詞 習い覚えて身につけること。学問、技術、資格。規定の学業の過程を履修すること。
取得 名詞 何かを得ること。手に入れる、所有すること。資格。
動詞 努力して得る。
会得 名詞 感覚を経て何かに気づいていること。情報・技を理解し自分のものにすること。
動詞 熟練する。理解を深める。意味をとらえる。
体得 名詞 実現されたもの 経験から充分に理解し身につけること。会得して自分のものにすること。

比べてわかる!意味と違い

会得と体得の違い

少しでも自分のものにできたら、会得。
経験をとおして会得した→体得。
体得のほうが会得よりも深みがある。

理解と習得の違い

理解は物事がわかること。
人の気持ちや立場がわかること。

習って理解すると習得。
慣れて理解すると習得。
学んで理解すると習得。

習得と会得の違い

会得には「感覚」や「気づき」の概念がある。
感覚や気づきから、わかること・身につけることを会得。

習得には、「習う・慣れる・学ぶ」の意味がある。
会得には、「要点」~ポイントを理解するという意味が含まれる。

「習得」と「修得」の違い

習得は習うこと。
修得はおさめること。

習得は学習途中・段階でも使えるが、
修得は身につけた段階・直前で使う。

習得は学び以外の慣れることにも使える。
修得は体系的な情報(学問・技術・資格)をマスターすること。

語学の場合

■習得
〇〇語の習得が一般的。
学ぶこと全般に使える。

■修得
〇〇語の修得は、学問としてマスターする(した)という意味。

■会得
〇〇語を会得したとは、喋れるようになったということ。

■体得
〇〇語を体得したとは、経験から完全に喋れるようになったということ。

資格の場合

■取得
〇〇の資格を取得
一般的には、「取得」を使う。
資格の全般に使う。
試験をパスして権利・証明を得ること。

■修得
〇〇の資格を修得したとは、
学んだとこと。資格を得たこと。
その両方の意味があわさっている。

例)単位を修得して卒業すると得られる資格
小学校教諭一種、幼稚園教諭一種、学校図書館司書教諭、図書館司書、
博物館学芸員、保育士、認定心理士・認定心理士(心理調査)、
社会調査士、精神保健福祉士(国家試験受験資格)など。

【例文集】習得・修得・取得・会得・体得

■習得
ドイツ語を習得する
ピアノの習得
■修得
卒業に必要な単位を修得する
ピアノを修得
研修で先生が新たな知識・技能を修得する
学問の修得
魔法の修得
■取得
教員免許を取得する
取得原価
メールアドレスを取得する
黒帯を取得する
特許を取得する
不動産を取得する
■会得
剣道の極意を会得する
真理を会得する
機械の操作方法を会得する
彼が何を言うのか会得していた
長年の習慣から会得した表情
■体得
技術を体得する
体得した技
2国の文化を体得
生活の中で体得

【類語】習得・修得・取得・会得・体得

了得(りょうとく) 意味を理解する、のみこむこと。
獲得(かくとく) 手に入れて、得ること。
納得(なっとく) 承知して、ハイと認めること。
収得 自分の物にすること

習得の類語
学習 覚える 見習う 学ぶ 勉強 理解
修得の類語
修(おさ)める 修学 マスター 卒業 修業 修行 修了
取得の類語
獲得 入手 収得
会得の類語
了解 納得 合点 理解 感得 把握 感知
体得の類語
熟達 精通 獲得 結実 習熟

まとめ~例題の答え

運転に関する「習得・修得・取得」

問い
運転技術を◯して、
仮免試験の知識を◯得。
晴れて、運転免許を◯得できた。

答え
上から、[習得、修得、取得]

■自動車教習所で学んでいる途中は習得。
運転技術の習得。

■自動車教習所でカリキュラムをすべて終えた。
仮免のための運転知識を修得した。

■運転免許センターの学科試験をパスして、
免許を所得した。

スポンサーリンク

-言葉
-, ,

関連記事

針供養

「こと始め」と「こと納め」とは?正月事始めと針供養について

事(こと)始めについて 個人さんのブログを見ていると、 事始めや事納めの説明で 混同されている方がちらほらと、 おられます。 確かにややこしいのですが、 私も整理して説明してみます。 スポンサーリンク

比較

来年・明年・翌年の違いと意味の比較~反対語や丁寧語はなに?

来年と明年の違いとは。 来年と去年、前年と翌年では、 どう違うか。 昨年、旧年、新年では? 違いや使い方はどうか。 丁寧な言い方はどちらか? 重複しますが、比べて解説しています。 スポンサーリンク

泥棒猫,唐草模様

どろぼうを「泥棒」とするのはなぜ?言葉の由来は愛知県にあり?

素朴な疑問。 『どろぼう』を泥棒と書くのは、 なぜなんだろう? もし、見つけたら 泥を投げつけたり、 棒で叩きたいから? 意外としっかりした、 名前の由来がありました。 一緒にみていきましょう。 スポ …

猫の日

2月22日の猫の日にまつわる尻尾とイベントin関西について

2月22日は、なぜ「猫の日」なのか。 国際猫の日はいつか。 世界の国の猫の鳴き声は何? 猫のしっぽについて触れつつ、 2018年の「猫の日」に関する関西のイベントを紹介します。 スポンサーリンク

江戸の休日

江戸時代に日曜休日の概念や感覚はあったの?実は意外に・・・

半ドンの由来を書いたときに、 気になった江戸時代の人びとの休日。 どういう風に休んでいたのか、 日曜日は知っていた? 休みの感覚や概念はどうだったか? おもしろかったので、紹介します。 スポンサーリン …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です