ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

言葉

「表示」と「表記」の違いを「明記」する!明示と銘記、標示と標記も!

投稿日:

表示
「表示」と「表記」
「明示」と「明記」

わかっていそうでも、
使い分けに戸惑う言葉たち。

これらの意味と違いは何か?

「標示」と「標記」、「銘記」の違いも
チェックしてモヤモヤを解消しましょう!

スポンサーリンク

「表示」と「表記」の違いはコレ!

ワンポイント解説

表示 示し表わす
表記 書き(記し)表わす

短く説明するとこうなります。
が、もっと詳しく説明させて下さい。

少し意味を知るだけで、よりクリアに理解が進みます。

「表示」の意味とは?

表示(ひょうじ)には、2つの意味があります。

表示
外部へはっきりとあらわし示すこと。
図表にして示すこと。

①と②には、共通して、
はっきりとした形にして示すこと
と、いう意味があります。

示す」には、相手にわからせること。
見せる指す知らせるという意味があります。

ディスプレイ表示の「見せる
高速道路の方向表示の「指す
食品の産地表示の「知らせる

内(うち)から外(そと)へはっきりと、
見せる指す知らせる」ことが「表示」です。

また、図表にあらわすだけでなく、
意思表示のように、「気持ち」といった内面の
目に見えないものを表わす意味もあります。

「表記」の意味とは

「表記(ひょうき)」の意味をみていきましょう。

表記
①おもてに書くこと、書いたもの~おもてがき。
②ことばを文字や記号で書きあらわしたもの。

言い換えると、
表面に書き記(しる)すこと。
内容をはっきりと文字で書きあらわしたもの。

2つの意味には、いずれも「書く」がありますね。
「表記」の「記」は「記す(しる・す)」の意が含まれます。

「記す」は、書きとめる。記録する。書いて覚えておくの意味です。

おもてに記すこと
わかるように書いておくこと=言葉にしておくこと。

「表示」を言葉にするとも、言えますね。
「表記」は、文字情報にして「表示」すること。
「表示」を見える化することが「表記」です。

「表示」と「表記」の違い!

「表示」と「表記」の意味をまとめて、
違いを浮き上がらせましょう。

「表示」は、心の中、頭の中のものを外に表わすこと。
内から外へはっきりと「見せる・指す・知らせる」こと。

要は、何かを外に「伝える」ことが目的です。

言葉でもジェスチャーでも看板でも図表でも。
伝え方(手段)は、いろいろです。

一方、「表記」は、その「表示」を文字情報にすること。
書いておくことが目的でした。
そして伝える手段は書くことに限定されます。

表にして整理しておきましょう。

表示 表記
目的 外に伝える 記録する
手段 外にあらわす 書きあらわす

「表示」と「表記」の例文

表示
・スマホの時刻表示で開始時間を確認する。

・反対の意見だと、黙って意思表示をする。

・賞味期限の表示によると、冷蔵庫の牛乳は古い。

・競馬場のディスプレイに着順が表示された。

表記
・住所は表記のとおりだが、名前が違った。

・アメリカの都市をカタカナで表記する。

・価格表記に間違いがある。

・日本語で表記されている説明書を読む。

まぎらわしい!「標示」と「標記」の違い

「表示・表記」の「表」が「」に変わると、
どういう意味になるのか、みていきましょう。

標示
「標示」とは、目印として外部に表し、
(人に・誰かに)示すこと。

〈例文〉
・境目を標示する看板。
・境界線が標示されている。
・子ども用と標示があった。
・「準備中」の標示

標記
「標記」とは、目印として書く(つける)こと、書いたもの。
題目として書くこと、書いたもの。題名。

題目とは、研究や施策等の主題。メールの件名。
書物の題名、標題のこと。

〈例文〉
標記の件を会議にあげたい。
・電車の先頭部に車両番号が標記されている。
・金融機関の本店にある口座は、「本店営業部」と標記する。

表示・表記との違い
「標示・標記」は「表示・表記」を
目印(めじるし)」として表し示したもの。

「明示」と「表示」の違い

明示(めいじ)とは、はっきりとわかるように示すこと。

表示に「はっきり」が加えられた言葉です。
ハッキリと表示する明示

表示にも「はっきり」と示しあらわすという意味がありますが、
より、「はっきり」が強調されると「明示」になります。

「見せる・指す・知らせる」という表示の意味が、
見せてみせて指してみせて知らせてみせて」と、
よりはっきりとわかるように見せて」示すこと。

これが、表示と明示の違いです。

「明記」と「表記」そして「銘記」

明記(めいき)とは、
はっきりと書かくこと、しすること。

明記には「はっきり」「くっきり」にという、
注意が強調された言葉です。

表記は、ただ書きあらわしたもの。

明記は、相手に伝わるようにはっきり」と書く
明らかに記すこと~間違わずに書き残すことの意です。

明記の使い方と例文

・法律に明記されている。
→法律にはっきりと書かれている。

・住所氏名年齢を明記して下さい。
→住所・氏名・年齢をはっきりと書いて下さい。

・出典先を明記する。
→出典先を明らかにして書くこと。

・数量・重量を明記して下さい。
→数値を書き表して下さい。

ビジネス文章で、具体的な数字の記入を要求する場合は、
明記を使います

「表記して下さい・記載して下さい」より「明記」が
ふさわしい言い回しになります。
「表記」して下さいだと、ただ書いて下さいとなります。

はっきり」と「漏れなく」書いて下さいという、
気持ちがあると「明記」して下さいになります。

「Wチェックがされた、必要な」表記が明記とも言えます。
要は、「間違えるなよ!」ということです。

銘記とは?

同じ読みに「銘記(めいき)」という言葉があります。
どういった意味があったのでしょうか。

銘記とは
深くこころに刻みつけて忘れないこと。
「師の言葉(教え)を銘記する」
石碑などに刻む文字。

〈明記との違い〉
明記は「はっきり」と書くこと。
銘記は、深く心や物に「刻む」こと。

まとめ

今回、記したことをまとめてみましょう。

表示と表記の意味と違い~
表示は外に伝えて表わす。
表記は記録のために書き表わす。
標示と標記~
表示と表記を目印として表わす。
明示と表示~
表示を「はっきり」と表わす。
明記と表記~
表記を「はっきり」と表わす。
銘記は、明記を刻んで忘れないこと。

スポンサーリンク

-言葉
-,

関連記事

葉桜

葉桜の意味といつの季節か知ってます?!どんな色でしょう?

「葉桜の季節になりました・・・」 その葉桜とはいつの時期をいうのか。 そもそも、葉桜の意味は何か。 小説の題名や俳句、挨拶文に使われる「葉桜」。 季節はいつか、どんな意味と色をしているのか。 みていき …

nippon

日本は「にほん」と「 にっぽん」どっちが正解? 違いと由来を解説☆

日本の「読み」について。 どっちの読み方が正解なのか。 「にほん」それとも、「にっぽん」? ホントのところを由来を含めて解説します。 また、ニホンとニッポンのつく 団体・会社名の比較。 日本の古称、別 …

シルバー川柳

シルバー川柳~切ないけどクスッと笑える自虐たっぷりの傑作集

今年も、入選作が発表されました。 少し諦めの入った情感が、かえってイキイキと輝いてみえるシルバー川柳。 2019年の入選作品、発表の前に、 2018年と過去の入選作を集めた、傑作集をつくりました。 ど …

忌日

忌日とは?命日と年忌の違いともう1つの忌日(いみび)

忌日とは、読み方とその意味。 命日や年忌との違いを解説します。 お逮夜や四九日の法要、 百か日の仏事はどういったものか。 また、読みで違ってくる忌日(いみび)の意味も併せて記します。 スポンサーリンク

令和

年度とは?令和元年度はアリ?今年度と本年度,来年度・新年度の使い方

どうやら、 『令和元年度』は幻(まぼろし)から、 現実に使われる用語となりそうです。 本来、存在しない「令和元年度」が、 どうして「アリ」になったのか。 「年度」の説明からはじめて、 今年度、本年度、 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です