Acronis True Image 2020購入からバックアップの簡単・使い方


Acronis True Image 2020を購入、
インストールしてみました。

外付けハードディスクにバックアップする方法から、
Backupする場所を今回、初めてクラウドにすることに。

マニュアルや解説書を読むのが嫌いな私が、
購入からインストール、バックアップを初見で出来るか。

いろいろと試した結果の紹介です。

Acronis True Image 2020を購入した訳

アクロニス01
前から気になっていた、クラウドへのバックアップ。

実録!俺のバックアップ術】というコラムを読むと、
「クラウドストレージこそがメインのストレージ」
そんなことが書いてあります。

2017年の記事ですが、「ほうっ~」と感心しつつも、
バックアップに「時間がかかるだろう」と躊躇していました。

バックアップ用の外付けハードディスクが壊れたのを機に、
どこかクラウドにバックアップ出来ないものか、
素人なりに探していました。

素人だから使うべき「Acronis True Image」

最近のサービスは、どこもかしこもサブスクリプション。
subscription~定期購読とか会費のこと。
なにかにつけ、毎月の代金が要求されますよね。

クラウドストレージも同じ。
グーグルやらiCloud、ワンドライブなどもそうです。

Windows 10には、OneDrive(ワンドライブ)が標準で付属しています。
このOneDriveは、追加料金で容量が増やせます。

このOneDriveのクラウドストレージに大事なファイルを同期して、
バックアップすることもできます。

ただ、設定することも多く素人にはハードルが高い。

一度、ソフトを導入してバックアップを設定したら、
存在を忘れてOK。
いざ、助けが必要となったら簡単にリストア、元に戻せるのがイイ。

そう考えると、専用のバックアップソフトを導入した方が、
楽で正解だろうと考えた訳です。

そこで、『Acronis True Image 2020
アクロニスの250GBクラウドストレージ付を
年間サブスクリプションで購入しました。

『「簡単・オールインワン・安心」のデータ保護ソリューション』
売り文句がこれですからね。

購入して、バックアップを終えただけですが、
今の所、正解だったなと思っていいます。

Acronis True Image 2020のラインアップ

アクロニス02
〈発売日〉
2019年8月21日㈬ アクロニス(Acronis)オンラインストア
2019年10月11日㈮ パッケージ版、オンラインストア他。
〈製品ラインアップと価格〉
・買い切り型

製品名PC価格\
Acronis True Image 20201台通常版5,074
3台8,130
5台10,167
1台アカデミック版(パッケージ版のみ)3,037
1台アップグレード版3,037
3台アップグレード版6,093
5台アップグレード版8,130

・年間サブスクリプション

製品名PC容量価格\
Acronis True Image Advanced 20201台250GBクラウドストレージ付5,074
3台250GBクラウドストレージ付8,129
5台250GBクラウドストレージ付10,166
Acronis True Image Premium 20201台1TBクラウドストレージ付10,166
3台1TBクラウドストレージ付15,259
5台1TBクラウドストレージ付16,277

※Advanced並びにPremium版は、年間契約でダウンロード販売のみ。
※年間サブスクリプション契約の方は、有効期限内であれば2019→2020への
無償バージョン・アップが可能。

〈主な新機能と改良点〉
・Dual Protection(デュアル・プロテクション)
ローカルからクラウドに自動複製~
「3-2-1ルール」でのオフサイトコピーを効率化。
・バックアップ速度の改善
・トレイ通知
トレイからプッシュアップ型の通知でバックアップの状態を監視。
・Acronis Acrive Protectionの改良
機械学習エンジン機能の強化でサイバーの脅威に対抗。
・電源管理の拡張
バックアップの最小電力レベルを指定、バッテリー電力を使用するかの可否設定、
バッテリー時間を結果的に調節できる。
・Wi-Fiを選択
従量接続のWi-Fiを回避、パブリックネットワークや選択されていない安全未確認の
ネットワークの接続を選択・停止できます。

Acronis True Image 2020をインストールしてみた

・購入からインストールまでの流れ。
~簡単ですが、注意するポイントが何点かあります。
アクロニス03
支払い方法は、【VISA、MASTER、AMERICAN EXPRESS、JCB、PayPal】
コンビニ決済でも可能。

メールアドレスが必須です。
メールアドレスにもプロダクトキーとダウンロードURLが送付されます。
また、ソフトへのログインでメールアドレスが要求されます。

アクロニス04
プロダクトキーとダウンロードサイトが表示されます。
メールやアクロニスのサイトからでも確認、ダウンロードできます。
アクロニス05
「Acronis カスタマ エクスペリエンス プログラムに参加する」と聞かれます。
エラー情報を送信したりする機能です。
私はチェックせずに進みましたが、問題ないです。
アクロニス06
クイックスタートガイドのサイトが立ち上がります。
簡単なバックアップ法とUSBのレスキューメディアを作成する方法が説明されています。

Acronis True Image 2020の初回バックアップ

今回、インストールした先のPCは、東芝のビジネスノートで、
CPUがインテル Celeron® プロセッサー 3205U 1.50GHz、
メモリが8GBです。
容量は500GBで、自宅内の無線Wi-Fiを使いました。
(電波状況は、悪いほうです。)

データの容量が159GBで、要した時間は丸2日。
PCの稼働時間は1日と6時間くらい。
途中、一時停止ボタンを押したりwin10のアップデートのため、
シャットダウンした影響もありました。
本来は、もっと短い時間でバックアップは終わるはずでした。

バックアップの準備中⇒ファイルの移行中に
「一時停止」ボタンを押したり、パソコンを止めると、
余計な時間がかかるようです。

「バックアップの準備をしています」が再表示されてから
半日以上、その状態のままでした。
なかなか、次のBackup作業に移行しないので故障かと思った程です。

最初のバックアップ時は、PCを起動したままに設定しておいた方が
良いと思います。
アクロニス07
いざ、バックアップをはじめる時、「バックアップ先の選択」を選びます。
最初の選択肢は、「アクロンドライブ」「NAS」「FTP」「ファイル参照」です。
OneDriveやDropboxなど、別のクラウドにバックアップする場合は、
「ファイル参照」からですね。
アクロニス08
アクロニスクラウドのデータの容量を増やす(+250GB)には、
2200円の追加することで可能です。
アクロニス09
バックアップが完了すると、こんな表示がされます。

〈アクロニス・会員サイト内の様子〉
アクロニス10
サイト内は、こんな感じです。
アクロニス11
ダッシュボード内の様子です。
こちらからでも、バックアップ出来ますね。
アクロニス12
ヘルプ画面です。
この手の外国製の日本語ヘルプは、謎・日本語で読みにくいのですが、
アクロンのヘルプは、読みやすかったです。

Acronis Mobile

あと、アクロニスの製品を購入者は、
モバイルデバイスのバックアップが可能になります。
写真、ビデオ、連絡先、カレンダーのバックアップ。
iosは、リマインダーが。
Androidは、メッセージのバックアップが可能です。
PCがなくても、バックアップが出来るのが良いですね。

インストールからその後

第1回目のバックアップから2度、バックアップをしました。
2度目は、約2時間。
3度目は、約1時間半ほどの時間で終了しました。

長いのか短いのか・・・。
ただ、PCへの負荷はさほど多くないので、
ネット閲覧やメールといった作業は問題なくできました。

次にやることは、「データのアーカイブ」と「データの同期」です。
もう一度、定期バックアップを終えてからレポートしたいと思います。

https://www.himazing.com/hmz/2854.html
タイトルとURLをコピーしました