ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

Culture 生活 行事

神棚の新しいお札はいつ交換?新年か年末か?毎年するのかしないのか?

投稿日:

お札
神棚に祀ってある「御神札(お札)」

新しいお札を初詣にもらって帰り、
古いお札と交換する。

この行動は間違っている!?
いつ交換するのが適切なのか。
新年か年末なのか。

そもそも、毎年交換するものなのか。
しないのか。

御神札(お札)とは何か。
3種類ある?

こういったことを説明しています。
一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

神棚の新しいお札はいつ交換する?

年の暮れに大掃除をして新年を迎える準備をします。
神棚もその時期と同じくして、掃除をします。

新年が始まる前、キレイにした神棚に
新しいお札をお祀(まつ)りするのが理想とされます。

つまり、年末に掃除をしてから新しい御札と交換する
その際、今まであった御札は年明けに所定の場所に、
納めに(お返し)行くのが良いとされています。

新しい御神札は、すでに年末には配られています
一般的には12月1日頃からです。

年末
・掃除
・新しいお神札(ふだ)をお受けする
・お祀(まつ)りする (交換する)
年始
・所定の場所(古札納所・納札箱)にお返し
・又は、大晦日から15日の間の左義長、どんど焼きで
古いお札やお守り、正月飾りなどのをお焚き上げする。

御札の交換を避けたい日

12月29日
九日飾り】と言って、[九=苦]に通じるとして、
忌避(きひ・きらってさける)する日です。

12月30日と31日
一夜飾り】と言って、忙しく一夜で用意するのは、
神さまに失礼である。
また、不幸の時のように慌ただし準備と
同じだから避ける日などとされます。

30日は旧暦の大晦日なので、同じ理由で「一夜」とします。

新しい年の歳神様が住まいに訪れて来られるのは、
31日の早朝だと決まっています。
その時にまで、松飾りなどでお迎えしないと留守だと思われ、
帰ってしまわれるのです。

結論
いつ交換するのか?
【12月中(29日~31日意外)が交換する正しい時期】
と、いうことになります。

毎年、12月1日頃より新しいお札が準備出来ています。

忙しくて年内に準備できない場合

新しい御神札
①年末に新しいお札を準備して頂いておく。
②年明けの初詣の日に新しくお札を頂いてくる。

古くなった御神札
①1月15日の小正月にお正月飾りと一緒に神社へ持っていく。
②新しいお札を頂くと同時に所定の場所(納札箱)にお返しする。

①-①が理想ですが、
忙しいとどうしても、
②-②の初詣に日に新しいお札をもらい古いお札をお返しする。
こう、なっちゃいますよね。

交換時期は守れなくとも、神棚への感謝。
そして、年末の掃除だけはしておきたいですね。

神棚のお札の処分の仕方

返納
処分とは、失礼な言い回しでした。
ごめんなさい。

古くなった御神札(お札)のお返しの仕方についてです。
お返しすることを「返納(へんのう)」するとも言いますね。

お札はどこに返納する?

御札の返納先はどこか。
理想は、そのお札を頂いた場所・神社へのお返しです。

ただ、それが難しい場合は別の神社にお返しすることも可能です。

例えば、伊勢神宮の内宮にある「返納所」は、
別のお札や御守も受け付けておられます。

「返納所」「古札納所」「納札箱」といった名前は様々です。

どの神社でも返納する際は、
必ず お参りを済ませてからにしましょう。

お焚き上げで処分

古くなった御神札(お札)をお返しする手段に、
お焚き上げ」があります。

お焚き上げとは『左義長(さぎちょう)』のことですね。
「どんど焼き、さいと焼き、オンベ焼き」とも呼びます。

毎年1月14日~15日(16日)

正月に催(もよお)す火祭りの行事です。
14日の夜や15日の朝に、長い竹などを立てて、
正月飾りや七五三縄(しめなわ)飾り、門松、書き初めなど、
持ち寄って焼く行事です。

炎の力で浄化して天に返す儀式で、
その火で焼いたお餅を食べると、その年の無病息災が得られると
されてきました。

この小正月の火祭行事~お焚き上げに神棚のお札をお返しするのが
良いとされています。

神棚の御神札(お札)を頂いた神社、またはお住いの近くにある神社。
これら神社にて探してみるといいですね。

郵送して代理でお焚き上げをしてくれるサービスもありますよ。

郵送でも返納はできます

直接、自分で郵送する方法とサービスを利用する方法を紹介します。

【自分でする方法】
先に神社に「問い合わせ」るか、
神社のホームページにて確認をお願いします。

意外とたくさんの神社が郵送での「返納」を可としてくれています。
〈送り方〉
・宛先は◯◯神社御中
・古いお札は、半紙や白い紙で包む
・短冊でもよいので礼状を書く
・奉納のお気持ちとして、現金(書留)を用意
お焚き上げを希望と書いて現金(書留)を送るとよいでしょう。
御札(お札)の半分程度の金額が目安です。

御札は、500円から3千円のものが多いです。
紙幣1枚(千円札1枚)なら、間違いないでしょう。

【サービスを利用する方法】
断捨離や片付けの時、大事な品や思い出の品を代わって、
「お焚き上げ」してくれるサービスです。

平安の頃より、群馬県にある「山名八幡宮」という由緒正しき神社。
そこにお願いして「モノ供養」をしてくれるのが、
みんなのお焚き上げ」というサービスです。

NHKや読売新聞など、メディアにも紹介されご存知の方も多いでしょう。
同じ捨てる行為でも、感謝や想いを込めて天に還(かえ)すのですね。

やり方は簡単。
レターサイズやボックスサイズに入れて送るだけです。

気になる方は、下のバナーからサービス内容をチェックしてみて下さい。
アマゾンでもOKらしいです。
みんなのお焚き上げ

神棚のお札は毎年交換するものなの?

実は、御札を毎年交換するという決まりはありません。

新年、気持ちを新たにして交換するのも良ければ、
ずっと代々、同じ御札を大事にするのも良いのです。

古い神道の指導書には、
「御札は毎年交換する家が多いが、代々大切にしている家もある。
どちらも正しい」
とあります。

お札とは?3種類ある?

神棚の「御神札(おふだ)」、「神札(おふだ)
守札、神符とも呼びます。

「御神札」は神さまの神璽(みしるし)です。

神璽とは三種の神器であり、
お札は、その大切なものの代わりとなるものなのです。

神棚に祀るお札には、3種類あります。
『神宮大麻』『崇敬神社』『氏神様』の御神札です。
氏神様
家庭の氏神(うじがみ)様は、近しい地域鎮守の神さまのことです。
自分の生活圏にある神社の神さまですね。
血縁の「氏神」様、地縁の「産土(うぶすな)神社」がある場合は別。
崇敬神社
自分や家族が敬(うやま)い崇(あが)める神さまのことです。
神宮大麻
伊勢神宮の最も尊い神さまのみしるしです。
札所のある全国の神社で受け取ることができます。

どちらをお祀りすればよいのか。
まず、総氏神さまの大神璽(おおみしるし)である
「神宮大麻」を優先しましょう。

大麻」は、「おおぬさ」、「たいま」と読みます。
神々への捧げもの、お祓いの際の木綿(ゆう)や麻(あさ)のことです。
お祓いをして頂く御神札を「大麻」と呼ぶことになりました。

「神宮大麻」は、罪を祓い除けする神具(しんぐ)である
大麻(おおぬさ)の頒布です。

頒布(はんぷ)とは、広く配ることの意味です。

伊勢神宮から全国へと分け合う、頒かつ(わかつ・あかつ)のです。
また、神が宿った御神体、分霊(わけみたま)とも解釈できます。

「神宮大麻」を神社で頂くのは、
分かち合うのですから、売り買いするのではなく、
「初穂料」と呼んだり奉納するといいます。

まとめ

神棚の御神札(おふだ)は年末の内に交換するのが理想です。

また、古くなった御札を処分したい場合は小正月に。
難しいのであれば、年始にお返しするのが理想です。

自分で郵送するか「みんなのお焚き上げ」といった、
サービスを使うことも出来ます。

御神札(お札)を毎年、交換しない選択もあります。
毎年の交換は、義務ではありません。

スポンサーリンク

-Culture, 生活, 行事
-, ,

関連記事

カーリング

カーリングとはどんな競技?由来や精神と平昌五輪の日程について

テレビで見始めると、なぜか見入ってします、 カーリング競技。 新しいスポーツかと思えば、500年近くも前からあったのだとか。 どこの国が発祥?なんでカナダが断トツに強いのか? 競技人口はどれくらい? …

干支

中国の干支にパンダが入ってる!?十二支はなぜ動物名なの?

テレビで定期的にやるネタ。 干支の話で世界では、少し違いますよという話。 猪と書いてブタさんだとか、ある地域では猫が入っている等々。 嘘のようなホントの話。 雑学ネタにどうぞ。 スポンサーリンク

休日病院

祝日休日の病院の探し方 診療・救急,小児科・歯医者はドコ?

救急車を呼ぶべきか迷う時。 緊急時、心配時に相談をしたい時は、 どこに連絡をしたらいいのか? 大人、小児別の相談電話番号。 夜間休日診療や祝日休日の歯科医の探し方をまとめました。 緊急時は、目次より目 …

ノルディック複合

ノルディック複合とは?ルール改正、日本勢の低迷と復活について

平昌オリンピックの正式種目、ノルディック複合について。 競技の歴史やルールはどういったものか。 2大会連続団体金メダルを獲得して以降、ルール改正によって、 低迷した日本勢は全体大会のソチで好成績を収め …

花まつり

4月8日の花まつり~灌仏会の由来と甘茶(砂糖水!?)のお話

4月8日の「花まつり」について。 灌仏会とも龍華会とも呼ばれるこの日。 もっとメジャーになっても良いのでは? そう思い由来や甘茶のことを紹介します。 ご存知ですか? 砂糖の入ったお茶ではないんですよ。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です