ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

Go Out

京都の紅葉 穴場は南部&電車の駅近くのコースがおすすめ

投稿日:2017年9月21日 更新日:

京都に美しい季節がまた巡ってきました。
紅葉の季節がやってきました。
多くの寺社仏閣、京都盆地を囲む山々が赤に黃に色づき始めます。

もちろん、この目で見てみたい。
そう思う方の熱気は今やワールドワイド。
この時期は、車もバスも渋滞で身動きがとれないくらいの混雑ぶり。

特に市内は、有名スポットが処々分散してるから~あっちへこっちへと、観光して見終わる頃にはヘトヘトに。
京都の住民は知っています。夕方にそろぞろ歩く観光客の皆さんの疲れた表情を。

いくら碁盤の目のような場所で狭い場所といえども、紅葉スポットを見て回るのは大変。
自然を愛でるせっかくの癒やしの旅が、疲れ果てる旅だともったいない。

そんな思いで、少しばかりですがお役に立てればと。
混雑をなるべく避けて疲れない旅のご提案をさせて下さい。

追記 「みごろはいつ?」で随時、更新しています。

スポンサーリンク

京都の紅葉 穴場は南部にあり!混雑を避けて疲れない旅をしよう

紅葉を見に行くとなると市内中心地よりも端の方、山の麓に点在しているので意外とアクセスが大変です。

京都市内は盆地型です。Uの字を反対にした形で山に囲まれています。
そのUの字が書かれた辺りに、紅葉の綺麗な寺社仏閣があることが多いのです。

そんな紅葉時期の京都は、はっきり言って道路が混みます。
すごく混みます。

観光しようと移動するだけで、疲れ果ててしまうのです。
行くにしても体力を温存する観光場所もあったほうがいいのでは?
効率的に旅をするためにアクセスの良さと、見て回る場所がギュッと1つにまとまっている所が好ましい。
おせっかいながらの提案をさせて下さい。

条件は、
電車で時間通りに行ける。
電車を降りてすぐの場所にある。
見て回る場所が1つに凝縮している。
人混みから解放される。

そう考えて出したおすすめの紅葉スポットを紹介します。

南部の宇治と八幡は電車で行けて降りてすぐが観光スポット

上の条件に合致する場所が2つあります。
京都府南部に位置する宇治市と八幡市。
大阪と奈良を結ぶ歴史ある町です。
平安の頃より栄えていた場所です。良い寺社仏閣がたくさんあります。

追記、宇治・伏見1dayチケット
2018年3月31日まで八幡市駅〜伏見稲荷駅、 宇治線(中書島駅〜宇治駅)、 男山ケーブルが乗り降り自由なフリーパスが販売されています。
京阪線各駅で大人600円で購入可能です。ご検討下さい。

平等院・興正寺などの宇治川周辺コース

世界遺産「平等院鳳凰堂」を中心に宇治神社、宇治上神社、興正寺と川を沿うように周遊と散策ができます。
街の喧騒から離れて源氏物語の世界にトリップできる自然と歴史が一体となって楽しむことができる場所です。

おすすめの宇治川周辺コース
おすすめの宇治川周辺コース
京阪電車宇治駅を出てすぐ。
→信号を渡り横丁(247号線)を通り
・茶団子で有名な駿河屋さんと甘味処の通圓さんの間の道です。
開運不動尊正覚院の前で分岐した道を
早蕨(さわらび)の道へと進みます。
・宇治川東岸の風情のある散策道です。源氏物語ミュージアムへも通ずる道です。
→宇治神社の前を通り宇治上神社本殿へ(京阪宇治駅から15分~20分)
時間 9:00~16:30 参拝自由
・本殿は国宝です。
・参道のかえでが紅く色づくとそれはそれは、美しいです。
・静かで超穴場です。
・ちょっとした山登りです。
・時間の無い方は、さわらびの道を末多武利神社(小さな朱色の鳥居と祠がある)の前の道から 川沿いの道にでましょう。
→前に来た道を少し戻り川沿いから興正寺へ。(京阪宇治駅から15分)
時間 9:00~16:30  拝観料 : 300円
・琴坂参道のもみじのトンネルが有名。
・インスタ映えする絵になる場所です。
(もみじが落ち道が紅くなる12月初旬か中旬の夕方頃が狙い目か。)
・石門から山門まで緩やかな上り坂。門が白くて丸っこくて可愛い。
・穴場の紅葉スポットです。
→川沿いの道に戻り朝霧橋を渡り中洲へ
・塔の島で上流を眺めたりベンチで休むことができます。
→あじろぎの道を散策。
・お土産屋さんやお茶処があります。
平等院鳳凰堂へ。(京阪宇治駅から10分)
時間 8:30~5:30 (受付終了 5:15)
拝観料 大人 600円  中高学生 400円
鳳凰堂内部 9:10分〜16:10分
・修復が終わり鮮やかな朱色は水面に映えます。
・インターネットでは紅葉スポットと紹介されてますが・・・。
正直、紅葉の場所では無いです。by地元民

もちろん平等院を始点にして反対側からも周ることができます。
その場合、京阪でもJRでも電車から降りて徒歩で10分ほどかかります。

近くに、源氏物語ミュージアムがあります。
さわらびの道を通って歩いていける距離です。
お時間があれば、是非訪れてみて下さい。

平等院夜間特別拝観「瑞光照歓~錦秋のあかり~」

ライトアップがあります。
平成の大改修後初の夜間一般公開です。
旅行関係者など限定で公開され噂は聞いていました。
写真で見ましたが、ライトアップされた鳳凰堂が水面にも映し出されます。
その様子は幻想的で圧巻。
これは、地元の人間でも行ってみたい。

期間 11月18日から12月3日までの金・土・日・祝
18:00~20:30(20:00まで受付)※昼夜入替制
拝観料 大人600円、中高生、400円、小学生300円 (団体同料金)
※障がい者手帳をお持ちの方は、本人及び介添人1名半額
このライトアップは何度もやるとは、思えません。
とっても貴重なので機会があれば、是非行ってみて下さい。
お昼過ぎか、夕方に宇治へついて紅葉を眺めてから平等院に行くのもありかもです。

みごろはいつ?

私の印象では、12月に入ってからが良い感じに紅くなる模様。
京都市内より南に位置するので、だいぶ温かいのです。
11月下旬は早いかも。
※随時、情報更新予定です。
11月3日、川沿いから望む大吉山の緑が薄らいできました。
まだ、黄色になりかかった緑の葉が多く紅葉は先のようです。
11月10日、さわらびの道周辺は、見頃を迎えています。
興正寺や平等院、宇治川周辺は、まだ5分といったところです。
11月12日、三室戸寺は綺麗に紅み頃だったと聞きました。
11月17日、夕暮れ時に見てまいりました。
平等院と興正寺以外は、紅く染まって見頃を迎えています。
街路樹や通り道が綺麗です。
11月25日、早朝に様子を見てきました。
今が、見頃を迎えています。今年は早かったですね。
平等院のライトアップに身内が行ってきました。
混んでいるけど、他のライトアップと景色が違うらしく好評でした。

スポンサーリンク

石清水八幡宮を中心とする八幡コース

「やわたのはちまんさん」と地元から親しまれる御宮は、伊勢神宮とならぶ二所宗廟の一社。
とっても由緒正しき崇敬を今も昔もあつめる八幡大神様が御鎮座される国家鎮護のお社です。

男山の頂きにある石清水八幡宮とその山麓にある善法律寺、神應寺は古くから紅葉の名所としても知られています。
その山全体が、歴史的自然環境保全地域に指定され宇治川、木津川、桂川を結び淀川へと流れる支点を見渡せる風光明媚な場所です。

おすすめの八幡コース
京阪電車「八幡市駅」を出てすぐ。
男山ケーブル(所要時間 3分)
大人 200円 子供 100円
始発 7:40 終電 18:45
1時間に2本 :15分 :45分(混雑時 00分と30分に運転あり)
・ケーブル電車から眺める景色は雄大。
紅葉時期はピクチャレスク。
・インスタ向きの絵がとれそうだけど、すぐ着きます。
・徒歩でも10分くらい階段を登って行けます。
石清水八幡宮
・展望エリア(おすすめ)があります。
・境内を囲む散策道の紅葉が綺麗です。
善法律寺(もみぢ寺)八幡市駅から徒歩20分
9:00~17:00 本堂拝観のみ 要志納金(500円~)
・頂上から直接、下山できます。
・案内地図にあるAコースのように歩いて行きます。
・一度、ケーブルで下山しても行けます。
・超穴場です。最近は、観光客が増えています。
・小じんまりとしているがとても綺麗な場所です。
神應寺 八幡市駅から徒歩10分
10:00~15:00 拝観料のみ 500円
・穴場です。下旬に2日間、お祭りがあります。
・中腹にあり。石段があります。

みごろはいつ?

同時に紅葉が色づくことはまれです。
11月中旬から12月上旬です。
11月3日に、宇治と八幡をぐるりと周ってチェックしてまいりました。
まだ、葉は緑色を残し黄色が色づきはじめたところでした。
11月10日、全体的には5分くらいです。
山頂付近から、色づきはじめています。
11月12日、近くの松花堂庭園は、見頃を迎えました。
11月17日、夕方ですが見てきました。
善法律寺が見頃を迎えました。
神應寺が次に、八幡様がその次に紅くなっています。
こちらも、数日で真っ赤になるでしょう。
11月25日、早朝に近くまで行き眺めてきました。
今が、見頃を迎えています。とても綺麗でした。

以上、おすすめの電車ですぐ行けて混まない紅葉穴場スポットでした。

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。m(_ _)m

スポンサーリンク

-Go Out
-, , ,

関連記事

ブラッドムーン

皆既月食とは?2018年のいつに見れるの?なぜ赤くなる?

2018年の皆既月食 いつどの時間帯に見れるのか? どういう現象で英語でいうと何で、 スマホでの撮影の仕方から なぜ赤く見えるのか?まで、 この珍しい現象を知って、 空を見上げてみましょう。 スポンサ …

京都八幡の桜の名所・背割堤地区の開花の見頃と駐車場情報

京都・大阪の県境ならぬ府境に位置する八幡市。 そこに京都一とも名高い桜の名所があります。 淀川河川公園・背割堤地区 背割堤(せわりてい)は大きな桜の木が約1.4キロに渡り植栽されています。 開花すると …

山田池公園

山田池公園の駐車場とアクセス,できることは何?写真付きで紹介

京阪国道1号線のすぐ近く。 街の喧騒を離れると、そこには豊かな自然の森とせせらぎ川が流れる大きな池があります。 山田池公園・・・というより森。 大きく広々した場所です。 散歩やランニング、自転車や釣り …

薬師寺

1月8日の初薬師は薬師如来に無病息災をお願いするべし

仏様は本来、願いを叶えてくれる対象ではありません。 ○○が欲しいです。 〇〇になりますようにと、願掛けしても「はぁ~っ?」です。 仏様は、そなたの願いや悩みを捨てれば全て解決すると説いておられます。 …

花まつり

4月8日の花まつり~灌仏会の由来と甘茶(砂糖水!?)のお話

4月8日の「花まつり」について。 灌仏会とも龍華会とも呼ばれるこの日。 もっとメジャーになっても良いのでは? そう思い由来や甘茶のことを紹介します。 ご存知ですか? 砂糖の入ったお茶ではないんですよ。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です