こんがらかる?こんぐらかる?意味や語源をときほぐそう!

こんがらかる
「こんがらがる」か「こんがらかる」か。
または、こんぐらかる?

読みも意味も混乱させる、
こんがらかる。

どんな漢字をあてるのか、
語源は何かを説明します。

絡まりを解きましょう。

こんがらがるとは?意味と類語

こんがらがるの意味

糸などがもつれ、絡まって、ほどけなくなること。

類語

もつれる、絡み合う、ぐちゃぐちゃになる。
(複数)もつれ合う、雁字搦(がんじから)めになる。
(心理)混乱する、困惑する、戸惑う、迷う。

どれが正しい?【こんがらかる、こんがらがる、こんぐらかる】

こんがらか・る
(こんがらがる)
①もつれてからまりあう。こぐらかる。
②物事が入りみだれて解決しにくくなる。
広辞苑(第5版)

 

こんがらかる
もつれて、からみあったり、
わけがわからなくなったりする。
角川 必携 国語辞典

 

こんがらか・る
(こんぐらかる)の変化 からまって、どこが緒(いとぐち)だかわからなくなる。
新明解 国語辞典

複数の辞書で調べてみましたが、
「こんがらがる」
「こんがらかる」
「こんぐるかる」

これらは、どれも意味は同じ
特段、用法の違いなどはありませんでした。

新明解 国語辞典に
こんぐらかるの強調形に変化したものが「こんがらかるとありました。

NHKの「放送用語委員会」によると、
「こんがらかる」を第一推奨形とし、
「こんがらがる」を第二推奨形として、
用いることを決めているそうです。

こんがらがるの漢字と由来

こんがらが(か)る、こんぐらかるに漢字を当てるとすると、
「こん(がら)がる」でしょうか。

また、このような漢字を使うことも。

矜羯羅童子

「読み」はこんがらどうじ
おなじ「コンガラ」と読みます。

或いは、華厳経に登場する数の単位を矜羯羅(こんがら)。
10の112乗のことです。

サンスクリットでの疑問詞「矜」と、
「作為」の意味である「羯羅」が合わさり、
「何をするべきかを問い、その命令の通りに動く」という意味から
⇒「矜羯羅(こんがら)

数が大きすぎて、混乱するのでしょうか。
そのせいか、こんがらがるは、
「矜羯羅がる」からという説があります。

矜羯羅童子といえば、誰かにそっくりな
和歌山県高野山金剛峯寺矜羯羅童子像が思い浮かびます。

運慶作で、実際に拝観すると目が離せなくなるほどです。

私的には、声優さんより刑事ドラマの俳優「六~ 〇〇」さんや、
サッカーなでしこの選手でそっくりさんを見たような。

誰かに似ているのか、頭の中では「こんがらがる」のかも。

京都(ほぼ、奈良)の浄瑠璃寺にも、色白で柔和な表情の
矜羯羅童子がおられます。

こちらの童子の横に不動明王を真ん中に、
制吐迦童子(せいたかどうじ)が。
赤い顔をして、すごい睨みをきかせています。

温和な顔と怖い顔の童子たち。
確かに、同時に拝むと「こんがらがる」表情ですね。

まとめ

こんがらがるの意味。
そして、こんがらかる、こんぐらかるの違い。

類語や言葉の由来を探してみました。

こんぐらかるほど、多様な意味はありませんでした。
確かな由来や語源がみつからなかったぐらいでしょうか。

以上、「こんがらがる」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました