ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

言葉

「Hey,man(ヘイメン)」「Yo,man(ヨーメン)」の意味とは?

投稿日:2019年8月14日 更新日:

ヘイメン

「ヘイ、メン!」「ヨーメン!」

よく聞くフレーズだけど、
何と言っているのだろうか?

あなたの顔に凹凸が少ないから、
漢字が読めないからでは決してありません。

意味はわかっても、
発音のしかたで「感情」を幾通りも表現できる、
便利なフレーズです。

関西の「アホ」や「なに」のようなものかも?

スポンサーリンク

Hey man(ヘイメン)とYo man(ヨーメン)の意味

Hey,man!

「Hey man」とは、あいさつ・呼びかけの言葉。
親しみのある関係、くだけた関係の場合によく使うフレーズです。

「おぃ!」、「やぁー!」、「うっす!」といった挨拶代わりの掛け声です。

会話の途中、沈黙の途中の雰囲気を変える「hey man」、
「落ち着けー」の意味が込められた「hey man」、
悪い言葉を言う代わりに「へい、メーーーーン↑」と叫ぶ場合もあります。

挨拶はしたくないけど、一応挨拶をする時の「hey man」や
ただ「イケてない奴」という意味でも使います。

会話の最初が「ヘイ、メーーーン↓」と下がり調子だと、
失敗や気分の悪い話が続く感じです。

逆に、「ヘィメン」と短く発音してから話だすと、
何か返事を求めた会話が始まる予感がします。

いろんなシチュエーションに用いることができる言葉です。

「やあ!」に相当する「Hi!」の挨拶ことばをくずしたのが「Hey!」。
「Hi,there!」だと、「こんにちわ」ですが「Hey,there」「Hey,man」だと、
もっと親しい感じがしますね。

「Heyman」さん、「Heymann」さん、「Heymans」さんと、
普通に多く見かける人の名前でもあります。

また、アメリカの英語では頻出ですがイギリスではそうでもないようです。

Yo,man!

「Yo man」とはHey man同様、あいさつ・呼びかけの言葉。
「おっす!」、「おーおぅー!」くらいの意味です。

Yo manを会話の冒頭で使う場合、
hey manより、もっと感情が乗った感じです。
なんらかの気持ちを伝える前に”Yo man,~”から始まる感じです。

Yeah,man」だと、「せやなぁー」「そうだねー」といった、
相づちに近い肯定の意味があります。

Hey manもYo manも「かしこまった」場所では控(ひか)える表現です。
目上の人や上司に使うのも注意が必要です。

現地に行くと分かるのですが、
会話の冒頭と最後に「メン」をつけて話す人はいます。
若い人は特に多いですね。
やたら、「メンメン」つける人がいます。

つけ麺か〜の勢いです。
口ぐせなのでしょうね。
話の調子(リズム)を「メン」で取っている感じです。

「Oh man」の意味

Oh man」や「Oh boy」もよく聞くフレーズですね。

オーメン、オーボーイの意味は、
「マジ!?」「あちゃぁー」「おっとぉー」「やれやれ」
「しもたー」」「なんてこった」「あらら」「あぁぁ」
と、いった感じです。

「oh boy」は嬉しさの表現として、
「やったー」「マジ?」の意味でもあります。

発する言葉の調子で感情表現も変わってくるフレーズですね。
弱く短くだと、少し驚いたくらいの感情表現に。

強くハッキリ、もしくは強く伸ばしたりすると、
強い気持ちが感じられます。
「なにか、あったの?」となります。

女性でもよく使う表現ですね。

「My oh my」「Oh dear」だと、「わぁ」、「あら、まぁ」、「おやおや」という意味です。
若者より年を召した方が使う印象です。

「dude」の意味

言葉の冒頭や最後に「man」が入るフレーズを紹介してきました。
「man」に代わって、「dude」を使うこともあります。

19世紀にイギリスで発生した言葉らしいのですが、
カルフォルニアで使われるようになって久しいです。

特にスケボーやサーファーの人がよく使う印象です。

「ねぇー」や「なぁー」と同じく会話の最初や最後に「dude」を入れて、
調子をとる感じです。

人の名前を呼ぶ前に「Dude!」、
親しい人に挨拶する時に「Dude!」を使います。

manと同様、やたらと「dude」を会話の中にいれる人がいます。

わたし的にですが、似た感じの表現に
クレヨンしんちゃんの「〇〇だぞぉ〜っ」が「〇〇,dude」と被ります。

「Hey man」と同じで強い調子で言うと、攻撃的な言葉になります。

より俗語として、用いるので親しい間柄で用います。
また、フォーマルな場所では使わない言葉です。

言い方や使う場所に注意したいですね。

以上、「~メン」言葉についてのまとめでした。

スポンサーリンク

-言葉
-, ,

関連記事

揚子江

揚子江と長江は同じ?なぜ違う呼び名が?江と河の違いで解説

最近、揚子江という言葉。 聞かなくなったと思いませんか? 教科書や放送では、 あまり使われなくなってきました。 どういうことか。 長江と揚子江について。 なぜ、中国と外国では呼び名が違うのか。 「河」 …

nippon

日本は「にほん」と「 にっぽん」どっちが正解? 違いと由来を解説☆

日本の「読み」について。 どっちの読み方が正解なのか。 「にほん」それとも、「にっぽん」? ホントのところを由来を含めて解説します。 また、ニホンとニッポンのつく 団体・会社名の比較。 日本の古称、別 …

運転見合わせ

電車や乗り物「運転見合わせ・運休」の意味や違い~待つべきこと?

「運転見合わせ」と「運休」の意味。 一時、不通、終日などの用語も解説します。 また、交通機関の運行トラブルに遭遇したら、 どうやって、どこから情報を得るのか。 アイデアを紹介します。 おすすめのアプリ …

京都言葉・大阪(船場)弁~標準語ではない方言の備忘録

ややこしい、ややこい。 この言葉を標準語と思っておりました。 一部地域しか通用しない方言~京都弁をチェック。 備忘録として記しておきます。 関西や京都の人は気をつけて。 その言葉、他では通じません。 …

比較

来年・明年・翌年の違いと意味の比較~反対語や丁寧語はなに?

来年と明年の違いとは。 来年と去年、前年と翌年では、 どう違うか。 昨年、旧年、新年では? 違いや使い方はどうか。 丁寧な言い方はどちらか? 重複しますが、比べて解説しています。 スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です