箱根駅伝に関西勢は参加できる?視聴率と「I Must Go!」の話

駅伝
お正月の風物詩といえば、箱根駅伝。

そう、答える人も多いのでは?

しかし、この「箱根駅伝」
全国区の大会と思いきや違うらしい。

出場校は関東エリアの大学限定。
東のローカル大会なのです。

他の地域はなぜ、出場しないのか?

関西に大学がたくさんあるけど、
他に大会はあるのだろうか?

関東以外の関心や視聴率はどれくらいか?

関西の箱根駅伝好きが調べてみました。

箱根駅伝はローカル大会だと!?

箱根と東京を往復する駅伝大会。

山梨学院大学や上武大学が出場しているので、
一瞬、全国区の大会と思いますよね。

山梨学院大学は箱根より富士山の方が近いし、
群馬にある上武大学にいたっては、浅間山や赤城山・・・。

失礼しました。

テレビを見ていると、選手の出身高校も紹介されています。

2019年度優勝校、東海大学ランナーの出身高校を見ると、
関東の高校出身者は1名だけ。

全国から選手が集まり、箱根を目指してきたのだとわかります。

が、箱根駅伝は関東の大会です。

関東学生陸上競技連盟(KGRR)主催の地方大会です。
関東陸連に所属していないと、出場できないということですね。

他地域や関西の大学は、出場する資格がないとも言えます。

正式名は『東京箱根間往復大学駅伝競争

先程のKGRRが主催し読売新聞社が共催する大会。
ちなみに、「箱根駅伝」は読売新聞東京本社の商標登録です。

関東学生陸上競技連盟に参加資格のある都県は、
「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県」

以上の地域に所属している大学のみ、
「箱根駅伝」に出場することが可能なのです。

では、全国の大学が参加する駅伝大会はどの大会か?

2つの全国駅伝大会があります。

出雲駅伝

正式名は、『出雲全日本大学選抜駅伝競争
毎年、体育の日(10月第2月曜日)に開催される駅伝競争大会です。

・1989年~平成元年より始まった新しい大会です。
・全体の区間が短く、「短距離のスピードレース」駅伝になる傾向。
・順位が目まぐるしく入れ替わる。
・出場校は、大学単独チームと学区学連選抜チームからなる。
大学単独チーム枠は18校なのに対し関東地区から10校が割り当てられる。
関西地区の割当は3校で関東以外ではもっとも多い。

全日本大学駅伝

正式名は『秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対抗選手権大会
毎年、11月第1日曜日に開催され、大学駅伝チームの日本一を決める大会です。

・1989年からの開催で箱根に次ぐ駅伝大会。
・大学スポーツ(インカレ)に相当する大会。
・名古屋熱田神宮ー三重伊勢神宮8区間の106.8km。
・各地域の予選大会も兼ねている。
・出場チームは27、各学区の代表と地域選抜チームと箱根枠からなる。
箱根駅伝大会から上位8チームで参加を希望するチームが出場する。

箱根駅伝は全国大会にするべき?

この2大会と箱根駅伝で、大学三大駅伝と呼ばれます。

箱根駅伝は地方大会なのですが1920年(大正9年)から始まり、
その歴史は他のものより圧倒的。

地域大会なのに3大のうちの1つです。
人気も知名度もあるので、含まれるのでしょう。

この三大会を制すると『三冠』の称されます。
ただ、関東以外の大学は箱根に参加出来ないので、
少し悲しい「三冠」の栄誉でもあります。

「箱根駅伝の全国化は必要だ」と訴えるのは、
青山学院大学の原監督です。

近年、三連覇を果たした原監督は、
他地域にも門戸を開くべきだと語っておられます。

関西陸上の雄、立命館大学の高尾コーチは、

「全日本と箱根の時期を入れ替えたほうが良い。
~(中略)~本来の大学ナンバーワンを決める大会として魅力的なものになる」


箱根駅伝が全国化!?関西で戦う選手・指導者の本音は?
より引用

そう、話しておられます。

人気・実力ともに地方大会でありながら、全国区の箱根駅伝。
門戸を開いて制度を見直してみよう。
そう、考える関係者もおられるのですね。

実は、関東以外の大学が箱根に参加したことがあります。

過去には、1928年(第9回)に関西大学が。
1964年(第40回)には、福岡大学立命館大学が箱根駅伝に参加しました。

出雲大会では、米国アイビーリーグ選抜という枠があり、
1998年より招待参加が続いています。

あの名門6大学に加えて、ダートマスとプリンストンからの選抜だそうです。

駅伝は、日本でしか存在しない競技でした。

国際名称は「Road relay」または、「Marathon relay
Ekiden」とも呼ばれるようです。

駅伝という言葉自体は、日本書紀にも記載されていたほど古いもの。
東海道五十三次の伝馬制から発想を得て「駅伝」と名付けられたとあります。

マラソンとはまた違った魅力が駅伝にはあります。
スピーディで順位がひんぱんに変わり、
出走者の順、チームの作戦によっても勝敗が決まる。

もっと、人気が出るべきスポーツなのだと思います。
世界に目を向けて、普及を目指すのも素晴らしいですね。

箱根駅伝の関東以外での人気、関西の視聴率は?

箱根駅伝は1987年からテレビ中継が始まりました。
ほぼ全国に中継され人気は不動のものに。

関東での視聴率は、往路で29.4%復路で29.7%(2018)!
2019年は往路・復路とも30%!!を越えました。

いまや10%もないテレビ番組が多い中でマンモス級ですね。

関西でも人気で、往路が15.6%復路で15.5%(2018)でした。
しかし、他地域に比べて際立って低い視聴率なのが関西地域です。
関西以外の各地域では、視聴率が20%を越えるのだとか。

確かに、関西にいると話題にはなりません。
東京にいたとき、皆が詳しくてビックリした覚えがあります。

なぜ関西のみ、比較すると低いのでしょうか。

関西には、大学がたくさん存在します。

京都大学・大阪大学・神戸大学
関関同立(関西・関学・同志社・立命)、
産近甲龍(京産・近畿・甲南・龍谷)、
各県立、府立、市立大学等々。

規模も人数も大きい大学があるので、
愛校精神のある人が多いのかなとも思えます。

関西の大学が箱根に出場するとなると、盛り上がりそうですね。

また、毎年12月に京都市で全国高校駅伝が開催されます。
男子も女子も全国から出場し盛り上がりを見せます。
駅伝といえば、高校駅伝を連想する人も多いかもしれません。

最近は、徐々に人気や視聴率が上がってきているようです。
関西も全国並になるかもしれませんね。

「I Must Go!」をもう一度

箱根駅伝往路の結果が判明してほどなく~

テレビ中継はその年の印象的なシーンをダイジェストで流し、
優勝校の勝者がゴールテープを切る様子から、
ヘリコプターからの映像に切り替わりつつのエンドロール。

この一連の映像にのせて流れる曲が『I Must Go!
ゴスペルシンガー、トミー・ヤング(Tommie Young)

アメリカのテレビドラマ「A Woman Called Moses(1978)」のサントラ盤、
その収録曲の1つでCD化されてないんですね。

なので、入手しにくい曲でもあります。
Amazon Unlimitedでは、見つけられませんでした(T_T)

この曲、「泣かせる歌」として有名です。

アメリカの南北戦争時代、奴隷解放運動を指導した実在の女性。
女モーゼと呼ばれた、ハリエット・タブマン(Harriet Tubman)

この方をモデルにした「モーゼと呼ばれた女性~A Woman Called Mose」

歌声と曲、そして歌詞に力強さと悲壮感があって、
頑張って走る選手たちにピッタリの曲なんです。

彼女の歌声はとても染み入り、「あぁ、正月休みが終わった」と。
子供の頃から感傷にひたるのでした。

残念ながら、2009年より新しいエンディング曲に変更され
現在まで続いています。

JASRACの著作権管理に登録されていなかった。
よって、使うと不正使用になるのだとか。

作詞・作曲者が亡くなり、著作権者が不明なようです。

久石譲さんの『Runner of the Spirit』もいい曲なのですが、
「I must go!」を懐かしく思います。

A Woman Called Mosesの関連商品

ではでは、以上です。
I must go.
We must go.

タイトルとURLをコピーしました