ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

関連記事

六曜

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というも …

京都言葉・大阪(船場)弁~標準語ではない方言の備忘録

ややこしい、ややこい。 この言葉を標準語と思っておりました。 一部地域しか通用しない方言~京都弁をチェック。 備忘録として記しておきます。 関西や京都の人は気をつけて。 その言葉、他では通じません。 …

しゅうとく

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそろぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 …

高速道路

高速道路の案内板に番号が!?ナンバリングはいつから実施?

高速道路に新しくアルファベットと数字が付与されることに。 いつの間にやら始まった「ナンバリング」標記とは? 首都高や都市高速の番号とも違います。 全国の高速道路に割り振られる番号です。 地下鉄にも番号 …

令和

年度とは?令和元年度はアリ?今年度と本年度,来年度・新年度の使い方

どうやら、 『令和元年度』は幻(まぼろし)から、 現実に使われる用語となりそうです。 本来、存在しない「令和元年度」が、 どうして「アリ」になったのか。 「年度」の説明からはじめて、 今年度、本年度、 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です