お彼岸明けの墓参りは不吉? 2019年の時期や時間はいつがいい?

お彼岸

お昼のTVニュースから流れる「今日はお彼岸~♪」

あっー、行かなきゃーと思った方。

あれっ!?お彼岸って「いつからいつまで?」

彼岸の期間中にお墓参りしないとだめなの?
混雑は避けて暗くなってから行きたけど・・・。

そんなお彼岸とお墓参りについての疑問にお答えします。

お彼岸明けのお墓参りは避けるべき!?

お彼岸だし、お墓参りに行こう!

そう、思ったのはいいが「どこかで聞いた」約束事。

彼岸の期間中にお参りするのが常識
お彼岸の「入り、中日、明け」と3度、参ること
彼岸中のお花は枯らさない 等々

中でもよく聞く疑問、
「彼岸明けのお墓参りは大丈夫なのか?」
お彼岸やお墓参りに関する「〇〇しなければならない」のしきたり・マナー。
中でもよく聞く「いつ行くべきか?」についてのお話です。

※次章にお彼岸の日付(2019年版)を記しておきました。

春のお彼岸と秋のお彼岸はそれぞれ、春分の日と秋分の日を「彼岸の中日」として、
前後3日の計7日間とされます。

お彼岸
1日目234日目567日目
彼岸入り彼岸の中日彼岸明け

1日目の「彼岸入り」から7日目の「彼岸明け」がお彼岸となります。

よって、いつお墓参りに行けばいいのか?
答えはお彼岸の期間中の7日間ということになります。

予定がある! 都合がつかないぞ!
そんな方々は、いつ行けばいいのか?

答えは、ご都合がつく時に。
行こうと思った時にお参りして下さい。

僧侶や仏教関係者の人々に聞いても、そうお答えになるはずです。
故人の供養と感謝を捧げるほうがよっぽど大事だよと。

春分の日と秋分の日は、ちょうど太陽が真東から昇り真西に沈む時期で昼と夜の長さが同じ半分ずつとなる日です。

昔の人は、この日に沈む太陽を極楽浄土(あの世)の東門(入り口)にみたて拝みました。
一番、浄土と近くなる「中日」に遠い彼方の極楽浄土に思いを馳せて願いを込めました。

インド、中国を経て伝わった「到彼岸(とうひがん)」という仏教用語が彼岸の由来です。

この期間にお墓参りをするのは、仏教文化と自然を愛し共生する文化が融合した日本独特の風習だそうです。

彼岸(ひがん)」と「此岸(しがん)

彼岸はあちら側、此岸はこちら側。

迷いがないのがあっち、迷いがあるのがこっち。
悟りの境地と煩悩まみれとも対比ができます。

「いつ行くべきか?」を迷っていたら煩悩の内なのでしょう。
お参りしたい時にお参りする方が、悟りに近づけるのかもしれません。

あれっ!?2019年のお彼岸っていつだった?

春のお彼岸彼岸入り彼岸の中日彼岸明け
3月18日㈪3月21日㈭3月24日㈰
秋のお彼岸彼岸入り彼岸の中日彼岸明け
9月20日㈮9月23日㈪9月26日㈭
春分の日3月21日
秋分の日9月23日

ちなみに、今年は3月18日の彼岸入りが一粒万倍日。
3月24日の彼岸明けが不成就日となります。
9月20日の彼岸入りが一粒万倍日。
彼岸中日の翌日、9月24日が不成就日です。

一粒万倍日は一粒が万倍に返ってくるという吉日。
不成就日は、万事が上手くいかない不浄日とされています。
移転、契約、事始めに関わる吉凶判断の選日として知られています。

お墓参りで気にかけるのは迷信ではなくお参りの時間!

お参りする時期は、厳格に決まっていないけども。
確かにお彼岸の時期を外れて前後にお参りするとしたら・・・。

彼岸明けの前に行くことを意識している人が多いと思います。
また、こういった伝統や風習は昔ながらの知恵でもあります。

季節のちょうど変わり目でありお墓のお掃除にもってこいの時期なのです。
お盆と年末・年始のお参りは夏と冬。

この暑くて寒い時期の中間の時期、過ごしやすい春と秋がお墓のお掃除に最適です。

お掃除道具を持参して来られている方って多いですよね。
私もお彼岸は、お掃除とお墓参りがセットになっています。

29日のお参りはダメなの?
9月の彼岸明けから最初の日曜日が29日です。

29日は「にじゅうく(二重苦)」とも読めるし、逆に「ふく(福)」とも読めます。
この日を避ける地域もあるようですが避ける必要はないと思います。

ただ、夕方以降の時間帯は避けるが良いかと。

そもそも、霊園などの場所は夜に営業・管理していません。

お寺単体なら尚更、少人数か無人のところがほとんどです。
近所やお寺に迷惑がかかるので夕方以降は止めておきましょう。

逢魔時(おうまがとき)」という言葉があります。
大禍時(おおまがとき)」とも「逢魔が刻」とも書き、文字通り禍々(まがまが)しいが語源の時間帯のことです。

人の顔がハッキリと識別できない昼と夜の間、現在の18時頃をさします。

幽霊やお化けに遭遇はしないけど、灯りはなく暗くて危険です。
昔の人を倣い、お墓参りは朝から夕方前に済ませておきましょう。

https://www.himazing.com/hmz/2037.html

まとめ

忌中でも宗派が違っても、お彼岸の時期がズレても大丈夫。
実は、お墓参りにまつわる「禁止ルール」のほとんどは迷信です。

やっぱり故人を偲ぶことが、一番の目的。
思い立ったが吉日。
思い出したら、墓参り。

行って損するものでも、不吉なものでもありません。
シーズン時期を外して行くと、閑散としていてリラックスできますよ。

以上、墓参りのススメでした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました