ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

Culture Sports

アイスホッケーを題材にした漫画をまとめてみた

投稿日:

アイスホッケーを題材にした漫画は、意外と多いです。

しかし!
ちゃんとアイスホッケーが描写された作品は数える程。

ただの記号としてのアイスホッケーものやしっかり描かれた漫画も含めて、
アイスホッケーマンガをまとめてみました。

参考にして下さいませ。

スポンサーリンク

アイスホッケー題材☆まんが一覧

スピナマラダ!

『週刊ヤングジャンプ』2011~2012 全6巻

「氷都を焦がす灼熱のアイスホッケーコミック!!!」がキャッチコピー
「ゴールデンカムイ」の野田サトルさんが描くアイスホッケーマンガ
デジタル版は大幅加筆修正

アイスマン

『週刊ヤングサンデー』1996~1997 全4巻

くじらいいく子さんのアイスホッケーを題材にしたシリアスな部分もある
スポーツコメディ

行け!!南国アイスホッケー部

『週刊少年サンデー』1991~1996 全23巻 ワイド版11巻

一応、4巻くらいまではアイスホッケー漫画です。
久米田康治さんによるギャグマンガ

88 エイティエイト

『月刊少年マガジン』2009~2010 全4巻

並木洋美さんによるコメディタッチの高校部活もの。

GO AHEAD

『月刊少年ジャンプ』2005~2006 全4巻

アイスホッケーの解説は充実しているが描写は少ない樋口大輔さんの作品
こちらもなぜか、南国が舞台

氷の国の王子様

『週刊少年サンデーS増刊』2012~2013 全3巻

小野ハルカさんによる中学ホッケー部を舞台のスポ根マンガ

氷球姫×常磐木監督の過剰な愛情

『週刊少年サンデー』2013~2015 全7巻

こちらも小野ハルカさんによるアイスホッケーを題材にしたマンガ
女子校が舞台の女子アイスホッケーが珍しい

METAL FINISH

『週刊少年ジャンプ』1990~1991 全2巻

高校アイスホッケー部が舞台~アイスホッケーの描写は少ない
原作が宮崎まさるさんで、作画が鶴岡伸寿さん

鉄腕ブレイク

『週刊少年マガジン』2008 全2巻

篠原知宏さんによる高校部活もの
アイスホッケー競技の描写は少ない

スポンサーリンク

アイスホッケーマンガのまとめ

ウィンタースポーツを題材にした漫画で、フィギュアスケートの次に多く扱われているのがアイスホッケー競技。
しかしながら、フィギュアに比べて競技自体にスポットを当てた漫画は数えるのみで、1、2作品しかないかも。
2010年代になって、ようやくアイスホッケーらしい漫画が、小野ハルカさんや野田サトルさんらから生み出されました。
もっとアイスホッケーをテーマにしたマンガが読めることを期待しつつ、終わりとします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-Culture, Sports
-,

関連記事

お札

神棚の新しいお札はいつ交換?新年か年末か?毎年するのかしないのか?

神棚に祀ってある「御神札(お札)」 新しいお札を初詣にもらって帰り、 古いお札と交換する。 この行動は間違っている!? いつ交換するのが適切なのか。 新年か年末なのか。 そもそも、毎年交換するものなの …

アイスホッケー

アイスホッケーの歴史とルール&平昌五輪の開催日程

平昌オリンピックのアイスホッケーに、 今大会も日本女子「スマイルジャパン」が参加します。 カナダの国技、アイスホッケーはいつ頃から始まったのか。 オリンピックのルールやペナルティについて。 そして、日 …

ボブスレーとはどんな競技?歴史とルール&世界と日本代表の話

平昌冬季オリンピックの正式種目、ボブスレー。 一見マイナースポーツだけど、 歴史は古くヨーロッパでの認知度は高いです。 そのボブスレーとはどんな競技か。 歴史やルールについて紹介します。 スポンサーリ …

お彼岸

お彼岸明けの墓参りは不吉? 2019年の時期や時間はいつがいい?

お昼のTVニュースから流れる「今日はお彼岸~♪」 あっー、行かなきゃーと思った方。 あれっ!?お彼岸って「いつからいつまで?」 彼岸の期間中にお墓参りしないとだめなの? 混雑は避けて暗くなってから行き …

フィギュアスケート

なぜフィギュアスケートと呼ぶのか?&平昌の時間に注意!

そもそも、なぜフィギュアスケートと呼ぶのだろうか。 読んで頂くと、その疑問が氷解すると思います。 フィギュアスケートの歴史や由来について書いてみました。 また、平昌オリンピックの開催日程も記しておきま …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です