ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

ガジェット

Amazon FireHD8(第7世代)の私的備忘録その2

投稿日:2017年9月16日 更新日:

FireHDのSend-to-Kindle Eメールアドレスの使い方

使ってみると、なかなかに便利です。
ざっくりと説明すると「いろんな文書や画像をメールでKindleに送って読む」ことが出来る機能です。
勝手にキンドル方式に変換してくれるのです。
たまった文書や長いメールを後で一箇所にしてキンドルで読むといった使い方ができます。
正式名称は「Kindleパーソナル・ドキュメントサービス」だそうです。

Fireタブレットやキンドル端末、スマホ向けのKindle無料アプリに付いてくるメールアドレス。
xxxxx@kindle.com という形式のものです。「設定」>「マイアカウント」と進むと自分のアドレスが確認できます。
このメールアドレスでドキュメントを送受信します。

kindleメールアドレス

これの何が凄いと言うと、2日くらい経って端末を再起動するとindexを作ってくれることです。
マニュアルだとかの文書を入れておくのに最適なのです。
私の場合、index表示が出来ませんでした。(以前、出来たことがあります。)
容量が大きすぎたのかPDFのバージョンが古すぎたのかもです。

以下の種類のファイルが使えるようです。【参照元

Kindle形式(.MOBI、.AZW)
Microsoft Word(.DOC、.DOCX)
HTML(.HTML、.HTM)
RTF(.RTF)
Text(.TXT)
JPEG(.JPEG、.JPG)
GIF(.GIF)
PNG(.PNG)
BMP(.BMP)
PDF(PDF)

注意点
キンドルに文書等を送信すると文書の書式やフォームが崩れることがあります。
元文書なり元のファイルは削除せずにしておきましょう。
送信するドキュメントの合計サイズは50MB以下です。
但し、Gmail側に25MBの制限あり
オーバーする場合はZIPファイル形式にも対応しているので圧縮しておきましょう。
一度に添付送信できるファイルは25点までです。
15件以上の異なるSend-to-Kindle Eメールアドレスへファイルの一斉送信はできません。

スポンサーリンク

AmazonFireHD8のファイルマネージャーアプリ「ドキュメント」

FireHDの専門アプリです。Silk ブラウザや天気、電卓、カレンダーなどオレンジ色とダークブラウン、白色を基調としたデザインのアプリの仲間に「ドキュメント」があります。
開けると<SEND-TO-KINDLEストレージ>、<CLOUD DRIVE>、<ローカルストレージ>の3つの項目タブがあり、それぞれでファイルを操作します。
画面左からスワイプでメニューが開けます。

物は試しとやってみました。
厚生労働省から「風水害対策マニュアル」なるものをダウンロードし、Gmailから
<~@kindle.com>のメールアドレス宛に添付ファイルを送信してみました。

FireHD8の場合、Kindleアプリを開かずにドキュメントというアプリを開きます。
開くとSEND-TO-KINDLEドキュメントという項目タブの下に反映されていました。

send-to-kindleドキュメント

がっ!PDFが崩れて読めない!
そこで、慌てて諦めないで下さい。

もし、PDF閲覧アプリをインストールなされている場合、別の方法があります。
上部にある項目、ローカルストレージをタップしてDocumetsフォルダの中に同じ名前のPDFがあります。
それをもう一度、タップすると「別のアプリを使用」というポップアップが出るのでKindleアプリ以外のアプリで開けてみましょう。
Adobe Acrobat DCは無料で入手できるPDF閲覧アプリなので、導入しておいても良いかもしれません。
私はPerfect Viewerというアプリを入れています。
そのアプリから問題なく閲覧できました。ちなみに、iPadの場合、Kindleアプリにすぐさま反映されました。
サクサク動いてくれます。

FireHD,ローカルストレージ

 

もう1つの捗る使い方、Kindle方式への変換!のはずが・・・

どうせならせっかく送ったドキュメントをキンドル方式で読みたい。
その要望に無料で叶えてくれるのがKindleパーソナル・ドキュメントサービスです。
文章などがより一層、スムーズに閲覧できます。

ドキュメントをKindle形式に変換する場合は、Eメールの件名に「変換」と入力します
それだけです。するとキンドル電子書籍の形式、azw3に自動変換して送信してくれます。

※先程の「風水害対策マニュアル」をキンドル化したがiPadとFireHD、共に閲覧できませんでした(T_T)
送れることはできたのですがiPadは文字化け、FireHDはフリーズという状態でした。
使えたという方の報告を見て期待していたのですが、ダメでした。
容量が大きいと難しいのかも。

結論ですが、容量の大きいものはUSB、またはコネクトケーブルに繋ぐ方が良いです。
古典的ですが、スムーズにファイルが移動できます。
繋いでからファイルのドラッグ・アンド・ドロップです。
こちらが、SEND-TO-KINDLEに合わせて窮屈になる必要はないかもです。

Amazonアプリの「ドキュメント」に問題発生!?

SEND-TO-KINDLEの機能自体に問題はないです。
しかし、「ドキュメント」アプリ内では問題が多々、ありました。
<SEND-TO-KINDLEストレージ>項目に現れたファイルは削除が出来ない状態になりました。
Amazonのサイトへ行き、管理画面から完全削除をしたのですが・・・「ドキュメント」内で表示はそのまま残っています。
(iPadのKindleアプリでは表示も削除もスムーズに出来ました。)
※約30分後に削除したけど表示されたままのファイルが、無事に消えていました。

ファイルを開くとフリーズが起きました。
また、メニューから削除の項目が表示されるはずなのですが、出る時と出ない時があります。
(PC側からしか削除出来ないとの情報がありますが、削除するの選択項はありました。消えたけど。)


アップデートを待つなりして時間を置いて解決策を探そうと思います。

ちなみに、iPadにインストールされたKindleアプリでは上手くいきました
メールで送信された添付ファイルなどをアプリに転送して読むことが可能になりました。
まあ、他のアプリでも似たようなことが出来るので使用するかはわかりませんが。

「ドキュメント」内にある<Cloud Drive>と<ローカルストレージ>タブもいじってみました。また、<ドキュメントを作成>を試しました。
長くなりましたので別ページにて紹介させて下さい。つづく。

スポンサーリンク

-ガジェット
-, , ,

関連記事

ヘッドフォン

ヘッドフォン(子供用)の選び方と注意点~おすすめを紹介します

まだまだ、種類がすくない子供用のヘッドフォン。 2015年にバディフォンという素晴らしい商品が発売されました。 (2018年6月より新しくブルートゥースモデルが2種類「WAVE」、「PLAY」が追加さ …

Amazon FireHD8(第7世代)の私的備忘録その3

FireHD8のファイルマネージャーアプリ「ドキュメント」の続き 前回はその2で<Send-to-Kindle>の機能を試してみました。 実際にPDFファイルを使って送信テストをしたのです …

Amazon FireHD8(第7世代)の私的備忘録その4

Perfect ViewerはFire HDの必須アプリかも 自炊ファイルやPDF閲覧などAmazonFireHDで使うブックビューワーの紹介です。 自動見開き、縦書き・横書きの切り替え、読み取り方向 …

Amazon FireHD8(第7世代)の私的備忘録その1

初めてのAndroidタブレット。 目的は、自炊した本や漫画を読むこと。 ipadと違い記録メディアで大量のデータを出し入れして管理するには最適だと思い購入しました。 それと・・・、他には特にないです …

AmazonFireTVでYouTubeは見れるよ!再生方法とレビュー

2018年1月1日よりAmazon FireTVで YouTubeアプリ使えなくなります。 代替案として、ブラウザをインストールすると見れるとのこと。 では、そのブラウザ「Silk」と「Firefox …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です