ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

HOW TO 行事

ひな祭り(桃の節句)の雛人形はいつから飾る?吉日・凶日は!?

投稿日:

桃の節句
桃の節句、ひな祭りの雛人形はいつ出したら良いのか。
いつ飾ればいいのか?

一応、推奨された時期があります。
その間、吉日と凶日などを踏まえて、
飾るに最適なオススメの日を記しました。

参考にして下さい。

スポンサーリンク

ひな祭り(桃の節句)の雛人形はいつから飾る?

お雛様をいつからお飾りするのか?
適切な時期はあるのかと問われれば・・・。

あります!!

一般的には、立春から2月中旬にかけての時期の吉日が良いとされています。

立春とは、暦で春の訪れを指す言葉。
寒さが和らぎ春が始まる昔のお正月の季節でもあります。
ちなみに、立春の前の日は節分の日ですね。

節分で「鬼は外~、福は内~!」で、邪気払いを済ませて厄を落としてから飾ります。
※鬼は内~でも、OKですが。→追儺式で鬼は内 福は外! お福ちゃんを救出せよ!お豆大作戦

では、吉日とはいつの日を指すのか?
2018年の初春の吉日とされる日をズバリ、記していきます。

雨水の時期の吉日と凶日を割り出してみました

古い暦書に「雪散じて水と為る也」とある通り、雪が雨に変わる雪解けの始まる日。
その日を、「雨水(うすい)」と呼びます。

時期は、2月19日。
又は、次の節の変わりまでの2週間くらい3月5日頃までを雨水とします。

この雨水の頃、2月19日から桃の節句までの間に雛人形を飾ると「良縁に恵まれる」とされています。

2018年の立春は2月4日からで雨水の期間が3月5日ころまで。
桃の節句は3月3日で、前日の宵節句(よいぜっく)が3月2日。

よって、2月4日から3月1日までの間の吉日を選びます。
気にしだすとキリがないので旧暦カレンダーなどに記載されているメジャーな吉日をピックアップします(^^)
そして、六曜十二直二十八宿選日から凶日を取り除いた吉日が以下になります。

2月21日より10日間は、十方暮(じゅっぽうくれ・じっぽうぐれ)と言って、四方八方が閉ざされた状態だといわれています。
「途方に暮れる」、「十方が暗い」から「十方暗(闇)」なんて呼び名も。
なので、2月4日から2月20日までの間の吉日を選びました。

2月 4日 午後から吉
2月 5日
2月 6日
2月 9日 特に吉
2月11日
2月13日 午後から吉
2月17日
2月19日 仏滅を気にしないなら吉

九星や干支があるカレンダーには、ほとんど「不成就日」という日も記載されています。
何事も上手くいかない日とされています。
しかし、この不成就日って昔は一部のみで信仰されていた凶日で全国的に知られていなかったそうです。
なぜか、最近の旧暦カレンダーには必ずありますが・・・。

私は、気にしません。
経験的に良い日だったことの方が多いです。

この「不成就日」なんて気にしないよとなれば、もっと吉日は増えます(^^)

2月 7日 午後から吉
2月15日 不成就日を気にしなければ、スッゴイ吉日です。
天赦日といって何事も行うに良し、天より恩恵ある大大吉の日と大安の日が重ねっています。
2月18日 午後から吉

2月4日より20日までで避けたい日を数えた方が早いですね。
下にある日以外にお雛様を飾ってあげると良いですね。

なので、2月の8,10,12,14,16,20以外が最適日になります。
雨水の時期を選ぶとなると、19日だけになりましたね。
2018年は、雨水の時期と十方暮が重ねってしまいましたね。
たかが、カレンダー上のことですが子を想っての吉日探し。
参考にして頂いたけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

雛飾りのまとめ

ここまで、吉日・凶日を書いておいてアレですが・・・。
大事なのは、「気持ち」だと思います。
「よし!吉日に飾ろう!」という、親が子を思う気持ちだと。

旧暦の吉凶などは、知らない人にとっては迷信ですもんね。
ただ、3月3日の前日に飾る「一夜飾り」はタブーとされ縁起が悪いと昔から信じられています。
確かに、慌ただしくて味気ないですよね。

なによりお雛様にとって、湿気が大敵です。
雨の日などは、避けるか除湿機を置いて晴れの日など湿気に注意をして飾りましょう。

良い桃の節句を迎えられますように。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-HOW TO, 行事
-,

関連記事

郵便局の転居・転送サービス~必要なものと出す時期はいつか?

郵便局の転居・転送サービスの紹介です。 手続きはどこで出来るのか。 申請に必要なもの。 いつまでに届けを出せばいいのか。 転居届と転送届に違いはあるのか。 サービスの詳細をまとめてみました。 ご活用く …

四書五経(大学)の覚え方と素読について~音読との違いは?

百人一首の覚え方を書いた文章に、 検索を通して「四書五経の覚え方」で訪れて下さる方がちらほらと。 最近は、独習で素読をされている方が多いよう。 その影響かな?と思います。 四書五経の内、「大学」だけで …

花まつり

4月8日の花まつり~灌仏会の由来と甘茶(砂糖水!?)のお話

4月8日の「花まつり」について。 灌仏会とも龍華会とも呼ばれるこの日。 もっとメジャーになっても良いのでは? そう思い由来や甘茶のことを紹介します。 ご存知ですか? 砂糖の入ったお茶ではないんですよ。 …

おすすめ!こどものためのクリスマスソングを定番から英語版まで紹介♪

こどもにとってクリスマスはわくわくの一大イベント。 一緒に歌ったり聴くクリスマスソングは、一生の思い出に。 プレゼントのことは忘れても歌はずっと覚えてますよね。 そんな宝物を子供たちと共有するためおす …

猫の日

2月22日の猫の日にまつわる尻尾とイベントin関西について

2月22日は、なぜ「猫の日」なのか。 国際猫の日はいつか。 世界の国の猫の鳴き声は何? 猫のしっぽについて触れつつ、 2018年の「猫の日」に関する関西のイベントを紹介します。 スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です