ひまぢんとん

暇人があれやこれやと日々、やってみる。

Go Out 行事

4月8日の花まつり~灌仏会の由来と甘茶(砂糖水!?)のお話

投稿日:

花まつり
4月8日の「花まつり」について。
灌仏会とも龍華会とも呼ばれるこの日。
もっとメジャーになっても良いのでは?

そう思い由来や甘茶のことを紹介します。
ご存知ですか?
砂糖の入ったお茶ではないんですよ。

スポンサーリンク

4月8日の花まつり、灌仏会とは?

4月8日は、お釈迦様の誕生日です。
一般的に、花まつりは「灌仏会(かんぶつえ)」として知られています。

旧暦の4月8日(今の2月ころ)が、他の仏教国では誕生日となりますが日本では新暦の4月8日にお祝いをします。
降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)、花祭(はなまつり)と別名があります。

4月8日は関東地方以西で桜が満開する時期である事から浄土真宗の僧侶安藤嶺丸が「花まつり」の呼称を提唱して以来、宗派を問わず灌仏会の代名詞として用いられている。
民間ではこの時期に農事や山野での活動時期を迎え、明治以前から春季到来を祝す飲食や遊興の行事や、東日本では農事を忌む休日、山の神を祀る祭礼、山開きが、西日本では花立て[注釈 2]、卯月年忌と称される墓参や施餓鬼が、卯月八日として4月8日に行われている。これら祖先神で農事神でもある山の神を祀る際、花が一種の依代として用いられることから、花で神や祖先を祀る民間習俗に仏教行事の灌仏会が習合して「花まつり」になった[6]とする解釈もある。参照元

花まつりとして認知されたのは、大正の頃ですが聖徳太子の時代から「花祭り」として呼ばれていたそうです。日比谷公園で「花祭り」を始めてから定着したのだとか。

古くは日本書紀にも4月8日の記述があることから、1400年以上も続く仏教行事です。
日付が曖昧で民間習俗と合体して、宗派を問わずにお釈迦様の誕生を祝う~個人的には、とても素敵な行事だと思います。

花まつりの由来とお釈迦様誕生伝説

お釈迦様のお母堂さまの名をマーヤ(摩耶夫人)といいます。
そのマーヤ様に夢でお告げがありました。
6本の牙がある白い象がマーヤ夫人の右脇腹に入り「世界中の人々をお救いになる、尊き王子がお生まれになるよ。」と告げられ懐妊なされました。
その後、お釈迦様をお産みになられた場所がルンビニ(藍毘尼園)です。
龍が現れ天から甘露を注いで産湯とし、お釈迦様を清められました。
その時、蓮の花が咲きお釈迦様はお立ちになり7歩進み、右手は天を、左手は地を指し示し「天上天下唯我独尊」と宣られたのが誕生伝説です。
誕生
この誕生伝説にちなんだ、お祝いの法会が「花まつり」です。
具体的に、何をするのか?

ルンビニの花園を花御堂(はなみどう)として、お花で飾ります。
花御堂に、天と地を指差す誕生仏を灌仏盤(浴仏盤)に安置します。
竜王が香水(こうずい)を頭に注いだという甘露の雨の伝承から甘茶を用います。(平安の頃は、五色水)
参拝者が柄杓(ひしゃく)で誕生仏に甘茶を注ぎます。

一連の動作が、お釈迦様の誕生伝説をなぞらえてますよね。
灌仏の「灌」は、注ぐという意味です。
花祭りや灌仏会、龍華会の意味がつながりましたね。

花まつりと甘茶~えっ!砂糖水!?

甘茶は、ユキノシタ科の落葉性の低木でヤマアジサイの変種です。
アマチャ
アジサイと似ているんだけど、正確には紫陽花ではない「アマチャ」という日本の品種です。この「アマチャ」の葉を蒸して揉んで、乾燥して煎じて飲めば文字とおりの甘~いお茶になることから「甘茶」に。
ちなみに、甘茶の茶葉を神社で祈祷した茶葉は「天茶」の称号がつきます。

仏壇に、砂糖水をお供えするお家もあるとか。
この甘茶の代わりが変じて砂糖水になったのかもしれませんね。
仏壇にお供えするお水の器を茶湯器(ちゃとうき)と呼びます。
これが3つある場合、中央に浄水、向かって左にお茶、右の白湯(さゆ)に砂糖を少量入れるのだそうです。(宗派やお仏壇によって違います。)

タンニンは含まれているけど、カフェインが含まれていなくてフィロズルチンという甘味成分がアマチャには含まれます。(加水変化により)
このフィロズルチンは砂糖の約1,000倍の甘さで江戸の頃に民間薬として用いられたそうです。アジサイと違い有毒性がありません。
近年では、韓国にはキムチの味付けに。ドイツでは飲料茶として輸出もされているそうです。
生産量が少ないですが、国産の健康茶として販売されています。
抗アレルギー作用や歯周病予防として効用があるそうです。
自家栽培も可能なようですね。

この日本特有の甘茶が甘露の香水として代用されているのは、面白いですね。
とっても甘くて独特の味がします。
昔は、虫除けの効用や習字の上達すると信じられていたようです。
厄除けとして甘茶が今も参拝者にふるまわます。

4月8日や場所によっては、5月8日に花祭りの法会が開催されます。
機会があれば、お釈迦様の誕生を祝い一度、甘茶を飲んでみるのも良いですね。

スポンサーリンク

花まつり、灌仏会のまとめ

数度、お寺や神社で人が集まり甘茶を仏様に注いでいる光景を観たことがあります。
京都では、西本願寺や東本願寺はもちろん、知恩院さんや清水寺、壬生寺などで「花まつり」として催しがあります。

たぶんタイからの観光客の方が、花御堂を前にガイドさんになんで4月に祝うのかを熱心に聞いておられるのに遭遇したことがあります。
ガイドさん、苦しそうで答えに窮していたので助けたかったです。

甘茶というパワーツールがあるのだから、クリスマスみたいに日本でも仏様の誕生祭こと「花まつり」が有名になればと思い、書いてみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-Go Out, 行事
-, ,

関連記事

クリスマス素材

クリスマス用フリー素材とイラストがあるサイトのまとめ

基本フリーのクリスマス関連のイラストや素材が集まっているサイトをまとめてみました。 いざ探すとなると、なかなか思うようなものが見つからない・・・。 そんな経験から気に入ってブックマークしていたサイトの …

子供へのプレゼント玩具その前に~安全マークと対象年齢を知ろう!

クリスマス、新年のお年玉と子供たちがおもちゃをもらえる機会が増える時期です。 プレゼントを購入したり貰う際に注意することは? スポンサーリンク レゴブロックを飲み込んでしまい、吐かせたこと。 年齢に合 …

フィギュアスケート

なぜフィギュアスケートと呼ぶのか?&平昌の時間に注意!

そもそも、なぜフィギュアスケートと呼ぶのだろうか。 読んで頂くと、その疑問が氷解すると思います。 フィギュアスケートの歴史や由来について書いてみました。 また、平昌オリンピックの開催日程も記しておきま …

リュージュ

リュージュとスケルトンとは?歴史とルール、違いについて

平昌オリンピックの正式種目。 リュージュとスケルトンについて。 ボブスレーとも違う2つの競技の内容。 歴史とルールといったどんなスポーツか? どの国が強いのか? 違いはなにかを紹介します。 スポンサー …

京都で七草粥・小豆粥の振る舞いがある場所はどこ?

京都の寺社仏閣で七草粥や小豆粥の振る舞われます。 1月7日や15日の七草の節供と小正月の行事に合わせてのイベントです。 寺社仏閣を訪れてイベントがあったら、余計に嬉しいですよね。 備忘録的にリストを作 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です